Hatena::ブログ(Diary)

跡地

2009-09-01

[] 「金田伊功さんを送る会」に参加された方々

皆様のおかげで、無事送る会も終えることが出来ました。

ありがとうございました。

個人的には、野田卓雄さんの弔辞が本当に素晴らしく、胸にしみました。

昨夜、選挙もたけなわの中、杉並公会堂で金田伊功さんをおくる会が行われ出席してきました。業界人が多数参加してて錚々たる顔ぶれでしたね。会も金田さんの担当シーンを編集して上映したりプライベートフィルムを上映したりとオーソドックスだけど人柄や仕事内容が分かる構成で良かった。金田さんの奥様のご挨拶では思わず涙がこぼれました…。

開催者の皆様、お疲れ様でした

いろいろなことを思いましたが、気持ちを言葉に表すのは難しいです

でもこの形は仕事をされた故人を追悼し送るにはとてもふさわしい形だとも思いました。仕事に生きた方々ならこういう形をきっと喜ばれると私は思います。これからこういう形が継承されていくのかもしれません。もっと作品を長い時間十分に堪能したかったのですが、そこは仕方がありませんので自分のライブラリーから楽しむしかありませんね。

そう、「楽しみ」があった追悼式でした。そこも素晴らしかった一つだったと思います。

金田伊功様素晴らしい作品で私に元気と目標を与えてくださってありがとうございました。


良い会でした。

久しぶりぶりに会ういろんな方の顔を見るにつけ金田さんのすばらしさを仕事だけでなく実感出来る会でした。

昨日は金田伊功さんを送る会に行ってきました。とてもよい会でした。

金田さんが作画されたシーンにオイラの声がのるコトはありませんでした

もう叶いません

オイラに「感謝」の気持ちがきちんと備わっているのなら

その一部は金田さんのおかげです

銀河鉄道999」や「宇宙戦艦ヤマト」、スタジオジブリ作品などの原画に携わったアニメーターで、7月21日に心筋こうそくのため亡くなった故金田伊功さん(享年57)のお別れ会が30日、東京の杉並公会堂で営まれた。金田さんの絵コンテや過去の作品映像などが映し出され、約1100人が拍手を送って故人を称えた。アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で知られる庵野秀明監督(49)が弔辞を読み、映画「風の谷のナウシカ」で仕事をともにした思い出を回想。「あこがれの人。もっと作品を見たかった。僕のも見てほしかった」と悲しみ、りんたろう監督(68)も「無念で仕方がない。もっといろんなことを金田くんとやれた」と早すぎる死を悔やんだ。