Hatena::ブログ(Diary)

ヨコスカな子育て-お父さんは整体の先生。

2010-10-25 熱は下げない。出し切ることが大事。

熱は下げない。出し切ることが大事。

次女が熱を出しました。軽く40度越えです。

初めての子育てで、子供が40度の熱を出したら、

「なんじゃ〜こりゃ〜!」とびっくりしますよね。


そう、子供って簡単に高熱を出すのです。それだけ生きる力が強いということだと思います。


悪い細胞は熱にしかやっつけられません。皮膚の問題だって、体の硬さだって、成長、記憶、疲れなど、熱をだしてリフレッシュするのが人間です。


なので、一概に熱は悪いものじゃないんですよ。


タダ心配ですよね。体力のない赤ちゃんにとって、あまり長く続くとつらいですから、冷やすこともします。


その時は、足の付け根や、脇にアイスノンを当てるといいでしょう。おでこは動くのでまず当てられない。ヒエピタは気休めにはいいですが、冷やすなら、前者の方がいいですよ。


大人になると熱は出なくなります。そういえば、熱なんて出した記憶がない。という人が結構います。


お年を召してくると鈍くかたくなってきますから、なかなか熱って出ないんです。それでも元気な人は、パアッと高熱を出してリフレッシュしています。


子供にとっても熱は試練みたいなものです。こうやって体は治っていくのだよ。って教えてくれている。こうした経験が大切なんです。それを停めてばかりいると、治るということが自分で体でわからない。


近年のわけのわからない病気は、こうした自然経過を止めすぎているからだと思います。熱は下げない方がいい。出し切ると言うのが本当です。

  


熱の関連記事です ↓

熱が皮膚をキレイにしてくれました

初めてのお熱

お姉ちゃんの熱

ホームページにもどる

Connection: close