日光霧降のいろいろ

2014年-07月-03日

f:id:zin-y:20140703183429j:image

今年の、ブルーベリーシロップ作りは頭を悩ませる

2014年-06月-20日 キスゲ祭り

6月21日・22日

霧降高原チロリン村にて

『2014霧降高原キスゲ祭りinチロリン村』を開催いたします。



チロリン村の中にあるキスゲを見ていただこうと思い開催することにしました。

このキスゲは、徳次郎さんが数十年かけ、チロリン村の中に大切に育ててきたものです。

当日は、焼きそばや、ソーセージ、串焼きなどお店も出ますので皆さん来て、見て、味わって楽しんでください。

主催 『2014霧降高原キスゲ祭りinチロリン村』実行委員会

事務局 山本仁一郎 

2014年-02月-04日 『おとなの修学旅行 日帰り編』

日時:平成26年3月3日(月)〜4日(火) 1泊2日

場所:日光珈琲 御用邸通(トークライブ)  日光金谷ホテル(交流会、宿泊

【料金プラン】

『おとなの修学旅行 日帰り編』

トークライブin日光珈琲 御用邸

参加費:お一人様 \.3,000− 1ドリンク付き

■西町散歩とトークライブと交流会

参加費:お一人様 \.10,000−

 西町散歩ガイド+トークライブ1ドリンク+金谷ブッフェ付


『おとなの修学旅行 お泊り編』

■西町散歩とトークライブと交流会と金谷ホテル宿泊

参加費:お一人様 \.20,000−(ツイン2名利用の際お一人に付き)

 (シングル利用ご希望の場合 お一人様 \.27,000− ご希望がなければ相部屋になります。)

 西町散歩ガイド+トークライブ1ドリンク+金谷ブッフェ+宿泊代+朝食(ホテル館内案内付)



※公共駐車場をご利用ください。

日光までの交通費は含まれません。



【タイムスケジュール】

*3月3日(月)

11:00〜12:00 西町散歩 ガイド付(10:30から日光珈琲御用邸通で受付開始)

12:00〜13:00 田母沢御用邸で昼食(日光珈琲弁当)

13:00〜14:00 自由散策 田母沢御用邸見学(別途料金\.500−)

14;00〜16:00 トークライブ(13:30から日光珈琲御用邸通で受付開始)

~~~~~ 手紙社 北島 勲氏 × 日光珈琲 風間 教司氏 ~~~~~

18:00〜21:00 日光金谷ホテルにて「大交流会」(17:30から日光金谷ホテルで受付開始)

21:00〜  宿泊 日光の静かな夜を日本最古のクラシックホテルで想いを馳せながら…

*3月4日(火)

 朝食後は日光金谷ホテル館内ツアー(金谷スタッフのガイド付)


【お申し込み方法】

? お名前

? お申し込みになる【料金プラン】

? ご職業


をご記入いただき、下記のメールアドレスにお申し込みください




メールアドレス → dannavision.irimachiclub@gmail.com


お申し込み後、返信メッセージに記載された指定口座に料金をお振込下さい。

お振込確認をもって予約成立となります

お申し込み締め切り:2014年2月24日(月)



協力:手紙社 × 金谷ホテル × 日光珈琲 × DANNAVISION八福

主催:DANNAVISION入町倶楽部

2014年-02月-03日 水戸辺恵子写真展

記念すべきオープンングイベントが決定

水戸辺恵子写真展

和紙の中の着物記念写真」 です。

日光を中心に栃木県内で撮影された

七五三成人式、結婚式 などの

記念写真50点が展示されます。

人生の中でも特に大切な瞬間をおさめた写真には

ご本人の喜びと、ご本人を取り巻くご家族の愛情にあふれています。

たんなる記念写真としてではなく

家族の愛を感じていただける写真展です。

ぜひお越し下さい。

開催日時

2月1日〜2月28日 火曜日定休

10:00〜16:00

2013年-07月-30日

『天候不順のため 登頂断念』

          • Original Message-----

From: K2Tochigi2013

Sent: Sunday, July 28, 2013 11:44 PM

前回の更新でお伝えした通り、

アタック体勢に入りC2に到達するも、

上部の積雪が非常に多く危険な状態のため、

行動を中止して7/26にBCに帰還しました。

その後、他隊からの情報も鑑み、

栃木隊全員であらゆる可能性を話し合いましたが、

これ以上の登山活動の続行は厳しくまた危険であると判断し、

登頂を断念することに決定しました。

登山隊事務局をはじめ、応援をして頂いた皆様に

良い報告ができなくなってしまったことは、

本当に申し訳ありません。

栃木隊としては、自らの手でC2までのルート工作を果たし、

隊員の高所順化でもC3付近(7200m)まで到達し

順調に進んでいましたが、ルートとしては

比較的難易度の低いC3-C4間での予想外の積雪・新雪量に

阻まれる結果となってしまいました。

隊員の気力、体力共に非常に充実していたため、

残念な思いで一杯です。

同時期に活動していた他の登山隊も全てC2までで登頂を断念して、

一部は既にBCを撤収しております。

また唯一C3方向に向かった1隊は、

今もって隊員2名が消息不明のままで安否が気遣われます。

このような状況の中で

体勢を立て直しての登山活動続行も検討しましたが、

隊員の安全を考慮し、苦渋の決断をすることとなりました。

栃木隊を応援していただいた皆様には、

ご期待に沿えませんでしたこと、重ねてお詫び申し上げます。

我々の登山活動を見守って下さり、

本当にありがとうございました。

今後の登山期間は、上部キャンプからの荷下げを行った後、

BCを撤収し帰路のキャラバンで下山となります。

全ての活動が終了するまで決して気を抜かず、

家族や仲間のもとへ無事に帰るという責任を

全うしたいと考えております。

下山までも、引き続きこちらのブログで報告を続けて参ります。

取り急ぎ、現状のご報告まで。

よろしくお願いいたします。