Hatena::ブログ(Diary)

Nozogle -サイトーノゾムメモ- このページをアンテナに追加 RSSフィード




◆◇◆楽天市場で使える2,000円分のポイントプレゼント!◆◇◆

January 03(Thu), 2008 イチローのプロフェッショナルとは

イチローのプロフェッショナルとは

今日はON&OFF〕


昨日の夜、NHKプロフェッショナル仕事の流儀〕』の『イチロースペシャル』が放送された。

通常毎週火曜日の22時から放送されているのだが、正月ということで拡大版、さらにイチローというプロフェッショナルのなかのプロフェッショナルを迎えてのスペシャルだ。


個人的には“野球サッカー”なのだがメジャーリーグに関して言えば、イチローと松井秀樹は人間的に好きだし、生き方も好きだ。

彼らはゴールを見つけるために自分の哲学を持ち、貫き通しているように思える。

サッカーでは中田秀寿も似たタイプだろう。

彼の場合はサッカー以外にもゴールがあるんじゃないかと思い、その枠を越えてしまったタイプだと思うが・・・いや、また戻るかもしれないが。


話をイチローに戻そう。

イチローには型がある。

流儀とも言うだろうか。

試合前の準備、練習メニュー、試合中の身体の動かし方に至るまで、厳密に同じであることにこだわっている。

決められたイベントを順序よくこなしていくことで、次第にスイッチが入っていくのだ。


僕はテニスをやっていたのでなんとなくだが
わかる。

テニスの試合でサーブの前にボールを地面に何回か着くのを見たことがないだろうか。

あれも一つの儀式的なものだ。

自分のリズムを作る作用もある。

おそらくイチローのそれもこれと同様のことだと思う。


以下、プロフェッショナルHPから引用する。

鳥肌が立つほど鋭く響く言葉がイチローらしい。

イチローになる

メジャーリーガー・イチローは、二つの人格を持つと言って過言でない程に、オンとオフをはっきりと切り替える。

家族や友人に囲まれた普段の「鈴木一朗」は、笑い声を絶やさない気さくな青年だ。

だがユニフォームを着た「イチロー」は、全身に緊張感が漂い、容易に他人を寄せ付けない。

シーズン中、イチローは試合前の準備、練習メニュー、試合中の身体の動かし方に至るまで、厳密に同じであることにこだわる。

決められた所作をこなしていくことで、次第にスイッチが入っていくのだ。そしてバッターボックスに立った時、イチローの集中力は極限まで研ぎ澄まされる。


過去のイチローを捨てる

首位打者2回、7年連続200本安打、シーズン262安打のメジャーリーグ記録樹立・・・。

数々の輝かしい記録はイチローをイチローたらしめてきた一つの流儀から生まれた。

「過去の自分のバッティングを振り返ると、よくあれで打てたなって、今もそう思うんです。これは終わりがないんですよ」。

まだ見ぬ理想のバッティングを求めて、イチローは毎年新しいバッティングに挑み続けている。

決して現状に満足しない。

過去の栄光に固執せず、前を見続ける。

イチローが貫き通してきた信念だ。


重圧と向き合う覚悟

イチローは一つの苦悩を抱えていた。

大事な場面で重圧に負け、思うような結果を残すことができない。

07年シーズン、イチローはそんな自分の弱さを克服しようとしていた。

200本安打への挑戦、そして激しい首位打者争い。

イチローはのしかかる重圧から目を背けず、バッターボックスに立ち続けた。

なぜあえて苦しい道を行こうとするのか。

その問いに、イチローはこう答えた。

「自分はすべてを野球から学んだ。だから全身全霊の自分で、野球に向き合いたい」。


イチローのプロフェッショナルとは

『ファンを圧倒し、選手を圧倒し、圧倒的な結果を残す、ということです。』

再放送があると思うので、ぜひチェックしてほしいと思う。

http://www.nhk.or.jp/professional/index3.html

August 20(Mon), 2007 [いい言葉メモ]3つの「あ」

June 03(Sun), 2007 あおいくま アオイクマ 青い熊

接客の5A

アタマニクルナ

アワテルナ

アセルナ

アキラメルナ

テニスルナ

June 02(Sat), 2007 佐藤一斎の一言

佐藤一斎の一言

今日はON〕

官職につく者にとって好ましい文字が四つある。

それは、の四つの文字である。

よくこれらの文字の意味するところを守れば、決して過失を犯すことはない。

また、好ましくない文字も四つある。

それは、傲(おごり)の四つの文字である。



[現代語抄訳]言志四録

[現代語抄訳]言志四録


佐藤一斎一日一言

佐藤一斎一日一言

May 25(Fri), 2007 ロバート・キャパ Robert Capa

ロバート・キャパ Robert Capa

今日はON〕

たしか2年前だったかな・・・

東京都写真美術館で、「CAPA in LOVE&WAR」がありました。

僕は行けなかったのですが、友達が僕がキャパを好きなのを知ってて、

お土産に↓を買ってきてくれました。

f:id:zinedinenodane:20060925191724j:image

キャパを初めて知ったのは、大学時代の友達の家でキャパの写真集を見たのがきっかけ。

今思えば、その友達は僕の興味のない世界を今から14年も前に知ってたことに嫉妬。。。

それから、キャパの写真集や著書「ちょっとピンぼけ」を読み漁った。

「ちょっとピンぼけ」を読んで、正義感、仕事への情熱、当時の世界が苦しみぬいた、数多くの問題について考えることができた。

かなり影響を受けた1冊だ。

最後にキャパの言葉の中で一番好きな言葉を・・・著作「ちょっとピンぼけ」より


「戦争写真家の一番の望みは、失業することだ。」


ちょっとピンぼけ

ちょっとピンぼけ

May 19(Sat), 2007 HONDA 藤沢武夫の言葉

今日はON〕

「経営者とは 一歩先を照らし 二歩先を語り 三歩先を見つめるものだ」

ホンダの、本田宗一郎のパートナーとして知られる藤沢武夫の言葉です。

経営者に限らず、深い言葉ですね。

藤沢さんのことはwikiを参照してみてください。

May 18(Fri), 2007 幸運を呼びよせる朝の習慣

幸運を呼びよせる朝の習慣

今日はOFF〕

先月、ブログでいい明日が来る夜の習慣を紹介しました。

いい明日がくる 夜の習慣

いい明日がくる 夜の習慣

寝る前の『夜の習慣』の後は朝起きてからの『朝の習慣』ということで、、、

今日紹介する本はこちら「幸運を呼びよせる朝の習慣」

著者は同じく佐藤 伝さん。

このブログでも『ハイパーマンダラ日記:朝日記』など何度も紹介してますね。

幸運を呼びよせる 朝の習慣

幸運を呼びよせる 朝の習慣

こちらも約120ページと2日(約3時間)で読破。

一気に読むと読みやすいし、1時間もあれば読めそうな感じですね。

目次と一緒に引っかかった部分を紹介します。

全部で52の項目(習慣)。

第1章 朝はどうして大切なのか?

1.宇宙のリズム それこそが早起き

2.起きぬけのぼーっとした状態が、成功の鍵

3.お正月の朝を思い出す

4.朝の一人の時間を大切にする

5.朝、夢を口にすると、実現する → 『叶う』は口に出して10回唱えると書く

6.寝起きに、潜在意識に働きかける

7.音楽を聴き、免疫力を高める → 自然の音(波、皮、小鳥)のシャワーを浴びる

8.光のある朝に、自分の正直な思いを掘り下げる → 日記

9.成功を導くルーティーンを作る

10.能力を一瞬で高めるツールを持つ → 臭覚を刺激するアイテムを持つ

11.朝が憂鬱な人は、筋力を高める 

  → 筋肉がない=神経ネットーワークが単純→ストレスに弱い

第2章 朝の光で目覚める

12.五感で朝を味わう

13.朝の光で目覚める

14.目覚まし時計で起きない

15.起きる時、布団の中で手を握る 

  → 軽く3回、少し強く3回、強く3回。手のひらの真ん中に心臓のツボがある

16.起きてすぐ、ベッドで10秒正座する → 身体のアイドリング

17.グレープフルーツの香りをかぐ →臭覚は脊髄を通らずにダイレクトに脳を刺激する

18.どんな天気でも窓を開ける → 新鮮な外気を入れる

19.シャワーを浴びながら、夢をつぶやく

20.顔を洗いながら、夢をつぶやく

21.塩で歯ぐきを磨く → やわらかい豚毛歯ブラシで自然塩で歯ぐきをブラッシング

22.目薬をさす

23.体温を計る → 36.6が平熱。それ以下だと細胞が働かない

第3章 静かな時間が幸せを導く

24.TVをつけない

25.陰惨な映像は見ない

26.携帯電話の電源を入れない

27.ストレッチをする

28.自分の夢を書く

29.悪い思いを正直に書く

30.水を飲む → 朝コップいっぱいの有機ニンジンジュースが人生を変える。

31.朝ごはんを食べる → バナナは、夢実現のためのフード

32.トイレに行く 

→ 小の場合 フィニッシュで奥歯をかみしめる

  大の場合 リラックスして両手を頭の上に伸ばして、交差させて組む

       そして口を大きく開き、舌を思いっきり出すのがコツ

       口をあけると肛門が開くんだってさ

33.トイレで夢を口にする

34.ぶらさがる → ストレスは背中にたまる

         『ブリッジ』『ぶらさがり』『逆立ち』などの非日常刺激を与える

35.花を一輪、生ける

36.素足で砂浜を歩く

第4章 家を出るとき、幸運を呼び込む

37.ラッキーアイテムを持つ 

→ ラッキーを意識して準備している人のほうがつかみやすい

  これをセレンディピティ(幸運活用力)と呼ぶ

38.スケジュールをチェックする → 朝に一日の流れをイメージ→成功のシナリオ

39.こだわりの文房具を使う

40.持ち物をチェックし、忘れ物をなくす →チェックリストを作る

41.鞄にもっとこだわる

42.足にクリームを塗る → 家を出る前に、筋肉マッサージ用のクリームを塗っておく

43.玄関の靴をそろえる → 自分のはもちろん、人の靴もそろえる

44.玄関を掃く

45.鏡を見てにっこりし、幸運を呼び込む → 鏡の中の自分にエールを送る

46.先祖に感謝する → ただ感謝する

第5章 いいイメージを持ちながら通勤する

47.「朝ガム」する → 脳を活性化

48.耳栓をし、街の雑音を遮断する → 自分の世界を作る

49.アップテンポの音楽を聴く → 行動の呼び水として使う

50.自分のベストショットを見る → 最高の笑顔の写真を、一枚、手帳に入れておく

51.気に入った言葉を毎日、眺める 

→ 好きなフレーズ(元気、癒し、許しetc)を31個用意する

52.自転車で通勤する 

→ 足を満たすとかいて『満足』。幸せに成功するコツは下半身にある

  全身の筋肉の8割が下半身に集中している

  下半身を動かすことで、全身の血行がよくなり善循環スパイラルが起こる

  本当の健康は『健幸』

  真の成功は『成幸』

成功者は、朝の時間を大切にしている

朝の光は、ポジティブ思考をもたらす

一人静かに、夢のイメージを広げよう

夢を口にすることは、夢実現の第一歩になる

朝の光は、生命エネルギーを高める

夢を書き、書いたものを眺めることで、ゴールイメージが鮮明になる

玄関を掃けば、成功サイクルが回り始める


成功体質は『姿勢』と『体温』

体調を快にする秘訣は仙骨にあり。

仙骨を立てるイメージを持つと姿勢がよくなる。

姿勢がよくなると呼吸が深くなり、夢に向って進もうという意欲がわいてくる。

生活能力・学習能力を上げる3つのコツ

1.筋力をつける

2.身体を柔らかくする

3.学習する

人の縁を円(¥)に化学変化させる。

May 11(Fri), 2007 時間の変換

時間の変換

時間を何に変換するか?

    

    知識

    経験

    信頼

    人脈

    友情

    愛情

TIME HACKS!

TIME HACKS!

May 10(Thu), 2007 失敗のあとには

失敗のあとには

今日はON〕

失敗の後には学びがある。

    

   経験

TIME HACKS!

TIME HACKS!

May 08(Tue), 2007 『LOST(ロスト)』の中のいい言葉

『LOST(ロスト)』の中のいい言葉

今日はOFF〕

海外ドラマ『LOST』にハマっています。

まだシーズン1しか見てないんですけど。

登場人物にロックっていうサバイバーがいます。

そのロックの言葉にビンときたのでメモっておきます。

もがけばもがくほど強くなる

ロックは「蛾のふ化」に例えてこう話した。

さなぎが殻を破る時、人が開けてあげたらその蛾はすぐに死んでしまう。

殻を破るために、もがけばもがいた分だけ、その蛾は強くたくましく育つ。

自分の殻を破るには、まず「破りたい」と強く思う強い意志が必要。

その強い思い、強い意志を持つためにまずもがくんだと思う。

その次は、破るためのスキルを習得するためにもがくんだと思う。

人によっていろんな『もがきのステップ』があるんだと思う。

海外ドラマは、英語の勉強にも役立っている。

日常生活でのネイティブの表現は非常に役に立つ。