電子竹林:Blog

[TOP]- [Movie] [Book] [Mac] [Tech] [Food] [Travel] [Photo] [Art] [TV] [Comic] [Ent-] [Diary] -[About] -[電子竹林]
 | 

2019-01-10

[] 2018年 外国映画ベスト10

2018年に劇場で観たのは217本、うち外国映画118本。マイナーにも良作多し。

1)「犬ヶ島」(id:zom-1:20180601#p1) アンダーソンのまた一つの不思議な世界

2)「シュガー・ラッシュ オンライン」(id:zom-1:20181223#p1) 全体テーマから細部まで文句なし

3)「リメンバー・ミー」(id:zom-1:20180316#p1) 最後の畳み掛けのスピード感の素晴らしさ

4)「ウインド・リバー」(id:zom-1:20180815#p1) 厳しい自然と地方の闇を描く上手さ

6)「レディ・プレイヤー1」(id:zom-1:20180421#p1) ポップカルチャーの連続パンチが楽しい

7)「クワイエット・プレイス」(id:zom-1:20181002#p1) 設定からして面白い

8)「ブリグズビー・ベア」(id:zom-1:20181218#p1) オフビート、社会派、映画愛

9)「パティ・ケイク$」(id:zom-1:20180720#p1) どん底感のラッパー、キャラがみんないい

10)「500ページの夢の束」(id:zom-1:20180924#p2) キャラとエピソードの構成がいい

次点)「アンダー・ザ・シルバーレイク」(id:zom-1:20181014#p1) 前半デ・パルマ後半リンチ風味

次点)「ダウンサイズ」(id:zom-1:20180303#p1) 「1/8計画」のパクリだと思って見逃してはいけない

次点)「殺人者の記憶法」(id:zom-1:20180128#p1) すごい設定の話に引き込まれる

次点)「レディ・バード」(id:zom-1:20180602#p1)17歳の繊細で大胆な心の動き

次点)「スリー・ビルボード」(id:zom-1:20180201#p1)最後には愛せるクズな人間たち

次点)「目撃者 闇の中の瞳」(id:zom-1:20180120#p1)善悪の視点が面白い

次点)「くるみ割り人形と秘密の王国」(id:zom-1:20181201#p1)子供向けだけでは勿体ない

[] 2018年 外国映画ワースト5

2018年に劇場で観たのは217本、うち外国映画118本。

1)「嘘はフィクサーのはじまり」(id:zom-1:20181110#p1) 盛り上がりに欠け最後がっかり

2)「デス・ウィッシュ」(id:zom-1:20181026#p1)時代のズレ感強い「狼よさらば

3)「女と男の観覧車」(id:zom-1:20180623#p2) まったく冴えないウディ・アレン

4)「プーと大人になった僕」(id:zom-1:20180916#p1) 前半超退屈、中盤退屈

5)「メイズ・ランナー 最期の迷宮」(id:zom-1:20180615#p1) やっと完結してくれて感謝

[] 2018年日本映画ベスト10

2018年に劇場で観たのは217本、うち日本映画99本。下半期の方が良い映画が多かった

1)「万引き家族」(id:zom-1:20180603#p1) 骨太社会派、役者がみんないい

2)「生きてるだけで、愛。」(id:zom-1:20181111#p1) 趣里の圧倒的存在感

3)「響 HIBIKI」(id:zom-1:20180915#p1) 上手い映像化、平手友梨奈の使い方がいい

4)「来る」(id:zom-1:20181207#p1) 心の闇を深く描く巧みな構成と演出

5)「さよならの朝に約束の花をかざろう」(id:zom-1:20180225#p1) 鮮やかな技術で彩るファンタジー

6)「検察側の罪人」(id:zom-1:20180824#p1) 原田眞人の冴えた社会派

7)「寝ても覚めても」(id:zom-1:20180918#p1) 静かな緊張感と狂気

8)「きみの鳥はうたえる」(id:zom-1:20180915#p3) 不思議な空気感に石橋静河が合う

9)「空飛ぶタイヤ」(id:zom-1:20180617#p1) うまく整理され社会派として成立

10)「四月の永い夢」(id:zom-1:20180516#p1) フツーの感じの感情が心に沁みる

次点)「若おかみは小学生!」(id:zom-1:20180924#p1) 大人も満足の吉田玲子の脚本の冴え

次点)「坂道のアポロン」(id:zom-1:20180311#p1) 音楽のシーンがすべてイイ

[] 2018年日本映画ワースト5

1)「ONLY SILVER FISH - WATER TANK OF MARY’S ROOM」(id:zom-1:20181211#p1) 成立してる?

2)「曇天に笑う」(id:zom-1:20180325#p1)ひたすら平凡な展開

3)「blank13」(id:zom-1:20180225#p2) 齊藤工は俳優に専念して欲しい

4)「GODZILLA 決戦機動増殖都市」(id:zom-1:20180520#p2) 色々詰め込みすぎな中二病

5) 「キスできる餃子」(id:zom-1:20180705#p1) 宇都宮宣伝映画以上のモノはない

次点)「純平、考え直せ」(id:zom-1:20180923#p3) 驚くほど平凡なキャラとエピソード

次点)「青夏 きみに恋した30日」(id:zom-1:20180816#p1) コレを見た私が悪かった

 | 
[TOP]- [Movie] [Book] [Mac] [Tech] [Food] [Travel] [Photo] [Art] [TV] [Comic] [Ent-] [Diary] -[About] -[電子竹林]