空中キャンプ

2006-12-11

2006年の映画をふりかえる

親愛なるみなさんへ

こんにちは。「空中キャンプ」を書いている者です。なにかとあわただしいこの時期、みなさんお元気でいらっしゃいますか。近頃めっきり寒いですが、わたしはほぼ毎日、鍋を食べていて、最後のうどん投入がやはりぐっときますね。鍋のエンディングにふさわしい、ボリュームのあるシークエンスという気がします。それと、わたしはつい最近知ったのですが、ブレイクダンスという言葉の語源は、ほんらい、DJが曲をかける合間(ブレイク)に踊るダンスのことを指すところから派生したのだそうですね。ご存じでしたか? そしてわたしがみなさんにお訊きしたいのは、今年おもしろかった映画はなんですかということです。

以下の集計は毎年おこなっているものです。この結果から、その年の映画でなにがよかったか、ぜんたいの流れがつかめるように、また、あまり映画に詳しくない方にとっても、年末年始のDVDレンタルの参考になる、できるかぎり良質なリストを作成することを目標としています。それでですね、集計をしてみると、毎年ほんとうにすごくいい映画が上位を占めるんですよ。これは、集計に協力してくださる方のセンスがびしっととがっていることを意味するのでわたしはうれしい。ちなみに、2004年の結果を読む2005年の結果を読むpart1同part2です。参考までに。こちらを今年もおこないたいとおもいます。以下、設問は変わらず。

  1. 名前(id、もしくはテキトーな名前)/性別
  2. 2006年に劇場公開された映画でよかったものを3つ教えてください
  3. 2で選んだ映画の中で、印象に残っている場面をひとつ教えてください
  4. 今年いちばんよかったなと思う役者さんは誰ですか
  5. ひとことコメント

ルールはひとつだけ。三本しか選んではいけないということ(二本、もしくは一本でも可)。つまり、たくさん見ている人ほど回答がむずかしく、どれを選ぶのかではなく、どれを外すのかという選択が問われるわけです。できればあれは外したくない、でもこれを外すわけにはいかない、という苦渋。そこが狙いである。あっはっは。わたしは、すでに決まってますけどね。今年、新作映画として劇場公開されたものが対象なので、リバイバル上映、DVDスルー等は除く。2005年の年末から、2006年の年始にまたがって公開されているものはOK。今年おもしろかった映画を三つ選んで、あらんかぎりの賛辞を送り、ほめたたえる。それが主旨です。できれば、文章を読んだ方が、おもわずその映画を見たくなるような、そそるひとことを添えていただけるとうれしいです。

回答をおくっていただく方は、右上のプロフィール欄にあるメールアドレスへ、メールをくださるか、トラックバックをしてください。メールで送る方は、自分のホームページやブログがあったらアドレスを添えてください。やってるのにやってないとかウソつかない。どうせみんなブログとかやってるんです。ぜったいに。そして期限ですが、前回、一週間ていどと長めの期限を設定したら、おもわぬ反響があって、個人では集計しきれないほどの量になって、集計が終わるころにはちょっと具合がわるくなったので、今回はみじかめに、十四日までとします。三日間ですね。そこまでで締め切ります。いただいた結果は、わたしが集計し、その後ミシェル・ゴンドリーばりのクールなエディットスキルでまとめあげ、読みものとしてもおもしろくなるように工夫して発表します。年末までにはきっと。

去年もおねがいしましたが、尊敬するエディターの川勝正幸さん、心の師である松尾スズキさん、そしてサーヤさまにも、ぜひ参加していただきたいです。また、わたしは「ふつう」であることをきわめて重視するため、回答をされた方の中でいちばん「ふつう」だった人に、僭越ながら、空中キャンプ賞をさしあげたいとおもいます。ではお待ちしております。

かしこ 空中キャンプ拝