空中キャンプ

2007-05-28

[]「しゃべれども しゃべれども」を見たゼ!

新宿にて。芸の壁にぶつかって悩む、落語家の青年(国分太一)。ふとしたことから話し方教室を始めることになり、三人の生徒(美女、子ども、おっさん)と落語の練習をはじめる。三人はそれぞれに問題を抱えていた。よかったです。すごくきちんとした映画だとおもった。ていねいに撮ったんだな、ということが、見ていてよくわかる。そこがよかったです。

やっぱり国分はすごくえらいとおもうの。だってちゃんと落語家に見えるんだもの。これ、すごく稽古したとおもうのだ。もう、とんでもなく苦労して、時間をかけて、必死で稽古したはずなのだ。じゃなかったら、噺なんてできない。ひとつの映画を撮るのに、こうした準備をきちんとできるのって、やっぱり大したものですよ。すごいなあ、とおもう。話芸だけではなくて、身のこなしや目線、表情、そうしたすべてが、きちんとコントロールされている。そういうのって、たいせつだとおもうわけです。彼の演技からは、タイトルにあるように、「しゃべれども、しゃべれども──自分の想いが伝わるなどということは幻想にすぎないのかも知れないが、それでも俺は他者になにかを伝えるという行為をぜったいに止めない」という、強靭な意志が見てとれて、ぐっときました。伊東四朗や八千草薫とのやり取りもよかった。八千草はすごくしっくりきていた。

話し方教室に通う生徒役の香里奈についても書いておきたいが、彼女はなんというか、あまりにも顔が整いすぎていて、物語にリアリティが出なかった。もちろんこれは本人のせいではないが、美人ってのも扱いがむずかしいのである。ねえ。劇中、彼女をどうにか野暮ったく見せるために、いろいろな工夫がされていて、黒いジャケットとジーンズという地味なかっこうをさせてみたり、メイクをすごく薄くしてみたりと、どうにかがんばってはいるのだが、元があんまりにもきれいすぎるものだから、東京の下町を舞台にした作品にどうしてもなじまない。彼女は実家のちいさなクリーニング屋を手伝っているのだが、香里奈があの地味なクリーニング屋で働いているわけがないとどうしてもおもってしまう。たしかに無機質な美人である方が、あらすじ的にはいいとおもうんだけど。これが、上野樹里だったりすると、質素なクリーニング屋も、ぴたっとくるんだけどなー。上野が落語やったらすごくキュートだもの。

観客であるわたしは、香里奈が出てくるたびに、「こんな女、生まれてこの方、間近で見たこと一回もないよ!」「そもそもなんで落語してるのかしら」「ふだん、なにを食べて生きているの。なにかこう、甘くてふわふわした、マシュマロ状のものだけを食べているんでしょう」という、よくわからない気持ちになってしまう。子ども役とおっさん役はとてもいいのだが、香里奈みたいな子が話し方教室にくるという展開が非現実的というか、だいたい香里奈は落語やるかね。マシュマロ状のふわふわしたなにかを食べながら、「芝浜」とかやるかね。でもやっぱりその美人っぷりにはぐっときたのでオールOKです。