空中キャンプ

2008-01-19

[]「スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師」を見たゼ!

歌舞伎町にて。初日。ティム・バートン新作。「どんよりミュージカル」とでも呼ぶべき世界観が、かなりかっちりと固められていてよかったです。どんなにダークな内容だとしても、やっぱりミュージカルってたのしいなあ。雲どんより。街まっくら。おびただしい出血。そしてたからかに歌うジョニー・デップ。

なにより歌がすごくよかったです。ストリングスや管をふんだんに使ったオーケストレイションがとても心地よかった。そのぜいたく感。メロディもきれいだし、ちょっと実験的なサウンド、ジョン・ケージみたいな曲もあったりして、やるなーとおもう。「コープス・ブライド」とかもそうだったけど、ティム・バートンのミュージカルって、そりゃたのしいに決まってるよー。各シークエンスごとにテーマ曲があったり、それが何度か反復されたりといった工夫もおもしろい。ヘレナ・ボナム=カーターとジョニー・デップが二声でコーラスするところなど、メロディのうつくしさにぐっときてしまう。アラン・リックマン*1は、ヘレナ・ボナム=カーターほど歌がうまくなかったけど、憎まれ役がうまくハマっていてよかった。

R-15指定になったのは、おそらく、かみそりで喉を裂く場面をごまかさずにはっきり描いたからだとおもいますが(血もたっぷりでます!)、ここであいまいな描写に逃げなかったのはえらいなと感心しました。よかったよーティム。ランニングタイムは117分。尺としては標準ですが、たのしい歌のおかげであっという間に感じました。

*1:わたしの中では、いつまでたっても「ダイ・ハード」の悪い人イメージです。

Connection: close