空中キャンプ

2017-12-01 2016年、2017年 伊藤聡の仕事

f:id:zoot32:20170107214358j:image

2016年、2017年に伊藤聡が寄稿した書評、映画評、ならびにラジオ出演、トークイベントの一覧です。


通年連載
◆インターネットサイトcakes「およそ120分の祝祭 最新映画レビュー」
劇場公開作品の映画評、月に2回更新。 https://cakes.mu/

2017年

1月
◆小学館「美的」3月号
映画評ページにて、2本の映画紹介。『マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ』『雨の日は会えない、晴れたの日は君を想う』を取り上げています。

3月
◆ジャド・アパトー『エイミー、エイミー、エイミー! こじらせシングルライフの抜け出し方』
映画に推薦コメントを寄せました( http://www.interfilm.co.jp/amyamyamy/ )。同時に、阿佐ヶ谷ロフトで、オフィシャルの公開記念イベント登壇。アメリカの女性コメディアンについて語りました。

2016年

3月
◆3月27日 毎日新聞「昨日読んだ文庫」
書評/ジョナサン・フランゼン『コレクション』(ハヤカワepi文庫)

5月
◆新潮社「新潮」6月号「真に打ち棄てられた者の言葉」
映画『サウルの息子』を中心に、ラウル・ヒルバーグ、クロード・ランズマンなどホロコーストに関して発言する研究者、映画作家に言及しながら、アウシュビッツの表象について考察した批評です。

◆筑摩書房「早稲田文学」2016年夏号「アメリカの嘘つき」
サリンジャー作品における虚言癖の主人公を取り上げつつ、映画『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』('02)『カメレオンマン』('83)と比較し、アメリカにおける「嘘つきの物語」の系譜について考えています。

8月
◆8月16日下北沢B&Bトークイベント
「緊急開催!『シン・ゴジラ』について存分に語りたい人が集う夜」

9月
◆新潮社「新潮」10月号
書評/J・M・クッツェー『イエスの幼子時代』(早川書房)
http://www.bookbang.jp/review/article/520863

◆9月10日福岡Rethink Booksトークイベント
「緊急開催!『シン・ゴジラ』について存分に語りたい人が集う福岡の夜」

11月
◆双子のライオン堂「草獅子」Vol.1
書評/L・P・デイヴィス『虚構の男』(国書刊行会)

◆11月5日 新宿ネイキッド・ロフト トークイベント
「俺たちのセス・ローゲンナイト!〜大解剖ジャド・アパトー〜」。アメリカン・コメディを語るイベント。個人的にもジャド・アパトーや米コメディ映画は非常に重要視しているため、有意義なイベントでした。

◆11月26日 TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンドシャッフル」
「タマフル秋の推薦図書特集」にて、3冊の選書を行い、番組内で話しました。ウィリアム・サローヤン『僕の名はアラム』(新潮文庫)、アン・ウォームズリー『プリズン・ブック・クラブ コリンズ・ベイ刑務所読書会の一年」(紀伊國屋書店)、エドワード・ケアリー『堆塵館』(東京創元社)をレコメンドしています。
http://www.tbsradio.jp/96408

12月
◆小学館「Domani」2月号
推薦図書ページ(「いつも心に名言を」)内にて、選書を行いました。フィッツジェラルド『夜はやさし』(作品社)、ヴァージニア・ウルフ『自分ひとりの部屋』(平凡社ライブラリー)、エミリー・ブロンテ『嵐が丘』(新潮社)、フローベール『ボヴァリー夫人』(河出文庫)の4冊をセレクト。選出コメントも載せました。



書評、選書、海外文学批評、映画批評を中心に執筆活動を行っております。特に、海外文学や映画を題材とした文化論の執筆に力を入れたくおもっています。著書に『生きる技術は名作に学べ』(ソフトバンク新書)。問い合わせ、依頼は so.ito.so@gmail.com までお願いします。