カオスの縁 ――無節操日記 このページをアンテナに追加 RSSフィード

2015-06-19 金鉱脈に出会いを求めるのは間違っているだろうか

[] 死亡遊戯 23:00  死亡遊戯を含むブックマーク  死亡遊戯のブックマークコメント



 最近、わりと難しめの映画ばかり見ていた気がするので、気分転換にブルース・リー。

 この作品は、ブルースが生前に撮影しておいたクライマックスシーンに、その死後ストーリーを補完して完成させたという変則的な経緯でできたそうで。


 まず端的に言って、上記の事情がそのまま作品の出来に直結してるという部分はあります。具体的に言うと、生前撮影されたシーンと、死後に作られたシーンが別物すぎる感じですね。シナリオも微妙に噛み合ってないですし。

 一目瞭然なんですけど、主人公の行動が全然違うんですよ。裏社会の策謀に巻き込まれて殺されかけ、自分が死んだと思わせておいて裏社会の黒幕に復讐を誓うという筋で、中盤まで主人公ビリーはシリアスそのもので、戦闘に臨む際も余裕が無い感じでいるんですけど。いざブルース本人の格闘シーンになった途端に、わざと余裕見せて挑発してみたりニヤッと笑ってみたりというブルース独特のお茶目さが見られて、とても同一人物に見えないっていう。


 印象としてはそんな感じなので、普通に作品として鑑賞するならやはり辛い点をつけざるをえないところなのでしょうけど……DVDのパッケージにストーリーよりも製作の経緯が書かれてる事に象徴されるように、この作品はやっぱり「作品として上手くまとまらなかったという事実」をメタに鑑賞するべき作品だよなぁ、と思った事でした。

 つまり、ユン・ピョウやサモ・ハン・キンポーなど名だたる実力者が関わり、愛情込めて作られたにも関わらず、映画前半のビリーがちっともブルース・リーらしくないと実感する事で、「あぁ、やっぱりブルースは替えのきかないワンアンドオンリーなんだ」って頷くという、そこまでがこの作品の鑑賞です、多分(笑)。


 非常に変則的な視聴体験ではありましたが。いずれにせよ、どういう形であれ、このラストのクライマックスシーンを世に送り出してくれたことには感謝だよなぁ、と。いやー、やっぱり私、ブルース・リーのあの挑発が大好きなのですw

 あと、散々ヌンチャク同士でデモンストレーション合戦をして見せたあと、なんだかんだ最終的に相手を倒すのがキック技の連続だったり、というのも。トンファーキックならぬヌンチャクキックか!(笑)

 ……などと言いつつ、このブルース本人が出てくるシーンはレンタルしたのを返すまでに3回くらい見返してました。実に良い。


 あと、「ブルース・リーの再現」としては辛い評価になる中盤までのシーンですが、そこを抜きにして単純にアクション映画としては見どころもあり、これはこれでという感じもあります。少なくとも退屈しない程度には面白かったですし。


 そんなわけで、なんだかんだ言いつつ楽しめはしたかな、という感じ。ま、カンフー映画に大仰な感想つけてもしょうがないでしょうし。だからこそ頭からっぽにして見られたってもんです。

 以上、ざっと。

トラックバック - http://d.hatena.ne.jp/zsphere/20150619/1434722421