バイリニアフィルタリング

バイリニアフィルタリング

(コンピュータ)
ばいりにあふぃるたりんぐ

コンピューターグラフィックスの三次元画像で物体表面の質感を表現する技法の一種。


物体の表面に質感を表現する「テクスチャ」と呼ばれる画像を貼り付ける手法は「テクスチャマッピング」と呼ばれ、3次元グラフィックスにおいては頻繁に利用される技術である。テクスチャを拡大して貼り付ける場合、単純に拡大しただけでは画像が粗くなってしまうが、周囲の色を加重平均して描画するとテクスチャの色の境界がぼやけた感じになり、粗さが目立たなくすることができる。最近のビデオチップにはこれをハードウェアで高速に処理する機能を持ったものがある。

新着ブログ: バイリニアフィルタリング