柱本元彦

柱本元彦

(読書)
はしらもともとひこ

イタリア文学翻訳家。1961年生まれ。京都大学大学院博士後期課程満期退学。ナポリ東洋大学講師などを経て、大学非常勤講師、翻訳家。

翻訳

  • 「魂のジュリエッタ」フェデリーコ・フェッリーニ 青土社,1994.12
  • 「イタリア絵画史」ロベルト・ロンギ 和田忠彦, 丹生谷貴志共訳.筑摩書房,1997.8
  • 「天国と地獄の百科 ヴィジュアル版 天使・悪魔・幻視者」ジョルダーノ・ベルティ 竹山博英共訳.原書房,2001.4
  • 「必要なる天使」マッシモ・カッチャーリ 人文書院,2002.4
  • 「カントとカモノハシ」ウンベルト・エーコ 和田忠彦監訳 共訳.岩波書店,2003.3
  • 「カンティ」レオパルディ 脇功共訳.名古屋大学出版会,2006.5
  • 「ポストフォーディズムの資本主義 社会科学と「ヒューマン・ネイチャー」」パオロ・ヴィルノ 人文書院,2008.2
  • 「随筆日本 イタリア人の見た昭和の日本」フォスコ・マライーニ 岡田温司監訳 井上昭彦, 鈴木真由美, 住岳夫,山崎彩共訳.松籟社,2009.11
  • 「資本と言語 ニューエコノミーのサイクルと危機」クリスティアン・マラッツィ 水嶋一憲監修.人文書院,2010.6
  • 「全体主義」エンツォ・トラヴェルソ 2010.5.平凡社新書

新着ブログ: 柱本元彦