“文学少女”と繋がれた愚者

“文学少女”と繋がれた愚者

(読書)
ぶんがくしょうじょとつながれたふ

『“文学少女”と繋がれた愚者(フール)』
野村美月の小説。イラスト:竹岡美穂。

2006年12月,ファミ通文庫(エンターブレイン)より刊行。シリーズ第3作。
ISBN:4757730845 

 「ああっ、この本ページが足りないわ!」
  ある日遠子が図書館から借りてきた本は,切り裂かれ,ページが欠けていた――。
  物語を“食べちゃうくらい”深く愛する"文学少女"が,これに黙っているわけもない。「食べ物への冒涜だわ!」と憤る遠子に巻き込まれた挙句,何故か文化祭で劇までやるハメになる心葉と級友の芥川だったが……。
  垣間見てしまったクラスメイトの心の闇。追いつめられ募る狂気。過去のあやまちに縛られたまま,身動きできず苦しむ心を,“文学少女”は解き放てるのか――?
出版社の紹介文より

新着ブログ: “文学少女”と繋がれた愚者