「あやめ」

(地理)
あやめ

JR東日本の特急列車。総武本線・成田線経由で東京−鹿島神宮・銚子間(総武本線千葉経由)で運転される、特急列車の愛称。
2011年現在、定期では2往復が設定されている。1・4号は佐原−鹿島神宮間を、2・3号は佐原−銚子間を普通列車として運転している。かつて2・3号のスジは「すいごう」という別の愛称を持っていたが、運転区間が重なることから2004年10月16日のダイヤ改正で「あやめ」に愛称が統合された。また、3号は平日限定で佐原まで「しおさい」17号と併結運転を行う。
車両は「しおさい」と同じく国鉄色の183系が使用されていたが、2005年12月10日のダイヤ改正でE257系へ置き換えられた。現在は2往復ともE257系で運転されている。ただし、過去には臨時列車で255系が充当された実績がある。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ