「日本で最も美しい村」連合

「日本で最も美しい村」連合

(社会)
にっぽんでもっともうつくしいむられんごう

[英文表示] The Most Beautiful Villages in Japan
NPO法人「日本で最も美しい村」連合は、東京都千代田区に事務所を置き、素晴らしい地域資源を持ちながら過疎にある美しい町や村が、「日本で最も美しい村」を宣言することで、自らの地域に誇りを持ち、将来にわたって美しい地域づくりを行うこと、住民によるまちづくり活動を展開することで地域の活性化を図り、地域の自立を推進すること、また、生活の営みにより作られてきた景観や環境を守り、これらを活用することで観光的付加価値を高め、地域の資源の保護と地域経済の発展に寄与することを目的とした、特定非営利活動法人である。
近年、日本では市町村合併が進み、小さくても素晴らしい地域資源を持つ村の存続や美しい景観の保護などが難しくなってきたことから、フランスの素朴な美しい村を厳選し紹介する「フランスで最も美しい村」活動に範をとり、失ったら二度と取り戻せない日本の農山村の景観・文化を守る活動を始めようとしたのが設立のきっかけ。
2005年10月4日に設立、2006年3月13日にNPO法人として登記した*1
参加町村地域数は64(30町24村10地域)*2、代表者(会長)は、浜田哲美瑛町長。

加盟条件

以下の3つを満たすこととされている。

  1. 人口が、概ね1万人以下であること
  2. 地域資源が2つ以上あること
    1. 景観−生活の営みにより作られた景観をいう
    2. 環境−豊かな自然や自然を活かした町や村の環境をいう
    3. 文化−昔ながらの祭りや郷土文化、建築物などをいう
  3. 連合が評価する地域資源を活かす活動があること
    1. 美しい景観に配慮したまちづくりを行っている
    2. 住民による工夫した地域活動を行っている
    3. 地域特有の工芸品や生活様式を頑なに守っている

沿革

2005年10月、連合発足、加盟町村は北海道美瑛町・北海道赤井川村・山形県大蔵村・岐阜県白川村・長野県大鹿村・徳島県上勝町・熊本県南小国町(3町4村)
2006年10月、宮崎県高原町・長野県木曽町開田高原が新規加盟(4町4村1地域)
2007年10月、北海道標津町・岐阜県下呂市馬瀬が新規加盟(5町4村2地域)
2008年10月、北海道鶴居村・北海道京極町・山形県飯豊町・長野県中川村・長野県南木曽町・京都府伊根町・高知県馬路村が新規加盟(9町7村2地域)
2009年10月、秋田県小坂町・秋田県東成瀬村・群馬県昭和村・群馬県中之条町伊参・山梨県早川町・長野県小川村・長野県池田町・奈良県曽爾村・島根県海士町・岡山県新庄村・愛媛県上島町・福岡県星野村・長崎県小値賀町・宮崎県綾町・鹿児島県喜界町が新規加盟(17町13村3地域)
2010年2月1日、福岡県星野村が八女市に編入され、福岡県八女市星野村に変更(17町12村4地域)
2010年10月、福島県飯舘村・福島県北塩原村・長野県高山村・奈良県十津川村・鳥取県智頭町・沖縄県多良間村が新規加盟(18町17村4地域)
2011年10月、北海道黒松内町・群馬県中之条町六合・岐阜県東白川村・高知県本山町・大分県由布市湯布院町塚原が新規加盟、長野県木曽町開田高原を長野県木曽町として更新(21町16村5地域)
2012年10月、福島県三島町・山梨県道志村・奈良県吉野町・兵庫県香美町小代・福岡県東峰村が新規加盟(23町20村6地域)
2013年10月、栃木県那珂川町小砂・静岡県松崎町・京都府和束町・熊本県高森町・熊本県球磨村が新規加盟(26町21村7地域)
2014年3月31日、岐阜県白川村が脱退(26町20村7地域)
2014年10月、福島県大玉村・宮崎県椎葉村が新規加盟(26町22村7地域)
2015年1月、山梨県道志村が脱退(26町21村7地域)
2015年10月、北海道滝川市江部乙・北海道江差町・青森県田子町・長野県原村・長野県伊那市高遠町・静岡県川根本町が新規加盟(29町22村9地域)
2016年10月、北海道清里町・北海道中札内村・青森県佐井村・青森県弘前市岩木が新規加盟(30町24村10地域)

*1:NPO法人認証日は2006年2月24日

*2:2016年10月現在

ネットの話題: 「日本で最も美しい村」連合

人気

新着

新着ブログ: 「日本で最も美しい村」連合