あのね商法

(アニメ)
あのねしょうほう

TVアニメシリーズにおける最終回をセルDVDでのみ収録し、DVDの購入を促す商法。
アニメ「かしまし〜ガール・ミーツ・ガール〜」TV放映版最終回のラストシーンにて、主人公が画面に向かって「あのね、」となにごとか言いかけたところで終了したことが命名の由来。
そのあからさまとも取れるDVD版最終回への引きが「結末を見たければDVDを買えと言うことか」と多くのアニメファンの反感を買った背景があり、あまりよい文脈で使用されることはない。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ