おっぱいがいっぱい

(音楽)
おっぱいがいっぱい

童謡。

作詞:冬杜花代子、作曲:三木たかし

1984年作。ひらけ!ポンキッキで流れていた。ぶんけかなによって歌われる。

お母さんのおっぱいに対する子供の、幼少期の想いを歌った名曲である。



後年、宮村優子によってカバーされた。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ