かむい

かむい

(地理)
かむい

1959年〜1988年の間、国鉄(現・JR北海道)で運行されていた急行列車の愛称。運行開始当初は、気動車*1を使用した準急列車であった。
1968年に、まず1往復で711系電車での運行が開始され、翌年1往復を除き全て電車化された。なお、この列車が北海道内における電車優等列車の先駆けである。

停車駅

札幌野幌江別岩見沢美唄奈井江砂川滝川江部乙妹背牛深川納内旭川
ただし、列車により上記停車駅の一部を通過する列車もあった。また、この列車は札幌〜手稲・小樽間を普通列車として延長運転するものも存在した。
1988年に廃止され、以降はエル特急「ライラック」、「ホワイトアロー」、「スーパーホワイトアロー」と停車駅は少なくなったものの函館線の優等列車は受け継がれ、現在は「スーパーカムイ」として、カタカナ表記ではあるが「かむい」の名が帰ってきた。

*1:キハ22系・40系・54系・56系。このうち、40系は1980年頃から、54系は最晩年の1987年に使用されていた。22系・56系ははじめから使われていたものと思われる。

ネットの話題: かむい

人気

新着

新着ブログ: かむい