きくち正太

(マンガ)
きくちしょうた

漫画家。リスト::漫画家。
1961年生まれ。秋田県出身。


「きりきり亭のぶら雲先生」(全6巻)、「おせん」、「太夫」 (全6巻)、「RIOの黒船丸」などで、新ジャパニーズカルチャーといったモノを謳歌する作品を精力的にモノにしている。


「そばっかす」(全7巻)、「三四郎 2(三四郎の二乗(事情)」(全20巻)といった人気をとりにいった作品では、そこそこのファンしかとれなかった。
「太夫」あたりから、「俺、日本の食文化・生活風俗からいくかんね」に切り替えて、独自の境地を示す様になった。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ