こぶとりじいさん

(読書)
こぶとりじいさん

日本の昔話の1つ。お爺さんが鬼に質草として頬の瘤を取られる説話である。「宇治拾遺物語」には「こぶ取り爺」として収録されている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ