こんごう型

(一般)
こんごうがた

[英] JMSDF DDG KONGO class
こんごう型護衛艦は、海上自衛隊が装備するイージス護衛艦。
海上自衛隊に配備された初のイージス艦で、アメリカ海軍以外が初めて保有したイージス艦でもある。1隻あたりの価格は約1,223億円。
米海軍のアーレイ・バーク級ミサイル駆逐艦と同等の能力を持ち、国際的には、「ミサイル駆逐艦」に分類される。
ただし制御ソフトウェアは、米国の最新版より2バージョン程度前のものを使用している。
また年間の保守費用のほとんどは、この制御ソフトウェアのライセンスと管理保守に充てられているらしい。

諸元

基準排水量 7,250t
満載排水量 9,485t
全長 161m
全幅 21m
機関 COGAG方式,2軸推進(100,000PS)
IHI製LM2500ガスタービンエンジン4基
速力 最大30ノット以上
燃料 1,785t
航続距離 6,000海里(巡航速度:20ノット)
電力 ガスタービン発電機(出力:2500kw)3基
乗員 300人
主要兵装 VLS 90セル
SSM4連装発射装置 2基
OTOメララ127mm54口径単装速射砲 1門
CIWS 20mm高性能機関砲 2門
68式324mm3連装短魚雷発射管 2基

同型艦

艦番号 艦名 建造 起工 進水 竣工 所属
DDG-173 こんごう 三菱重工業長崎造船所 1990年5月8日 1991年8月26日 1993年3月25日 第1護衛隊群第5護衛隊
DDG-174 きりしま 三菱重工業長崎造船所 1992年4月7日 1993年8月19日 1995年3月16日 第4護衛隊群第8護衛隊
DDG-175 みょうこう 三菱重工業長崎造船所 1993年4月8日 1994年10月5日 1996年3月14日 第3護衛隊群第7護衛隊
DDG-176 ちょうかい 石川島播磨重工業東京第1工場 1995年5月29日 1996年8月27日 1998年3月20日 第2護衛隊群第6護衛隊
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ