ご当地ナンバー

(一般)
ごとうちなんばー

2006年度のスマートプレート導入にあわせて実施された「新たな地域名表示ナンバープレート」の通称。
ナンバープレートに地元が要望する地域名を付ける制度。条件としては一定の市町村のまとまりで、登録自動車数10万台以上等。
申請のあった20地域の中から、2005年7月に18地域が選定された。
2002年、「伊豆」ナンバーの構想を端緒とする。当初、国土交通省は難色を示し、ナンバープレートにシンボルマークないし地模様を入れるなどの案を提示していたが、結局、「ご当地ナンバー」として全国的に認められることとなった。
2006年10月10日から、交付を開始し、2013年8月現在、19地域がある。
2013年2月26日、全国各地から追加の強い要望があることを踏まえ、第2弾を公募。審査の結果、「飛鳥」を除く10地域が認められ、2014年度中の導入が決まった。

現在用いられているナンバー

  • 富士山
  • 仙台
  • 会津
  • つくば
  • 那須
  • 高崎
  • 川越
  • 成田
  • 金沢
  • 諏訪
  • 伊豆
  • 岡崎
  • 豊田
  • 一宮
  • 鈴鹿
  • 倉敷
  • 下関

2014年度に追加されるナンバー

  • 盛岡
  • 平泉
  • 郡山
  • 前橋
  • 川口
  • 越谷
  • 杉並
  • 世田谷
  • 春日井
  • 奄美
このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ