しらけ世代

しらけ世代

(一般)
しらけせだい

1970年〜80年代に青春期を送った世代。
全共闘世代と団塊Jr.の間の世代。
政治的な議論には無関心で、三無主義(無気力・無感動・無関心)の世代と呼ばれた。
1972年にあさま山荘事件が起き、学生運動が完全に下火になった世相を反映し「シラケ」という言葉が流行。これ移行に大学生になった世代を俗に「しらけ世代」と呼ぶ。
いつまでシラケ世代と呼ぶか定かでないが、一般的には1991年のバブル崩壊を区切りとする。

新着ブログ: しらけ世代