ちびくろさんぼ

(読書)
ちびくろさんぼ

ヘレン・バナマン作の絵本。

トラが溶けてバターになってしまい、そのバターでホットケーキを作るという物語は、多くの子供の心をとらえたが、サンボという言葉が黒人差別につながると批判、1988年に廃刊になった。

しかし2005年4月、17年の時を経て復刊された。


「ちびくろさんぼ」の廃刊と再刊に思う

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ