ちょいオタ

(一般)
ちょいおた

ちょい=ちょっと
オタ=オタク
ちょっとオタクなところを見せて、少年の心をもっていることをアピールしてモテてしまおうという考え方。
初出はメンズノンノ2005年11月号。以下引用。

1 ちょいオタ男はA-BOYであることを明るくカミングアウト
男:「俺、ちょっとしたA-BOYだからさ」
  「ガンダムとかまかせてよ」
女:「エー、スゴーイ」


2 ちょいオタ男は少女漫画通 部屋が漫画喫茶になることも

証言:「俺の友達の家には少女マンガが100冊ぐらいあって女の子達が集まって、ちょっとしたマン喫状態。ウラヤマシッス!」
証言:「少女マンガを読んでる男のコって、女のコのことを絶対バカにしないし、繊細で女心を深く理解してくれてる気がする。相談とかもしたくなる」
紹介例:ハチクロ


3 ちょいオタ男は新しいモノ好き 新電化製品は見逃さない

新型携帯やiPod nano、ゲームボーイミクロを持ち歩く。


4 ちょいオタ男は情報通 パソコンをいつも持ち歩いている

男:「(ホットスポットでノーパソ出しながら)このイベントおもしろそうじゃない?」
パソコン教えてと部屋に呼ばれて、そのまま付き合うなんつー話も

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ