つけめん

()
つけめん

麺とつゆが別々になっていて、麺をつゆに浸して食べる麺類の事。

その元祖は東池袋『大勝軒』の山岸一雄氏が考案した『もりそば』であると言われている。

大勝軒では、麺を茹でた後に水で冷やしたものを『もりそば』、冷やさなかったものを『あつもり』と呼んでいる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ