ひでぶ

(マンガ)
ひでぶ

漫画「北斗の拳」において有名になった悪党の断末魔の台詞。
本来はハート様限定の断末魔の台詞であったが、アニメ化されるに至り、様々な悪党がこの台詞とともに倒れていった。

由来は「ひで=痛て」+体の破裂する音「ぶ」の合成である*1

ひでぶっ!!

その他の断末魔の台詞としては「あべし」「たわば」等がある。


北斗の拳 全15巻・全巻セット (集英社文庫(コミック版))

北斗の拳 全15巻・全巻セット (集英社文庫(コミック版))

*1:作者の原哲夫が文庫版『北斗の拳』最終巻で解説している。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ