ぶどう膜炎

(一般)
ぶどうまくえん

★ぶどう膜炎(ブドウ膜炎とも書くらしい)
★眼球内の虹彩膜やその他周辺etc膜を合わせて「ぶどう膜」と言う。
★上記「ぶどう膜」に炎症を起こす事を「ぶどう膜炎」と呼んでいる。
★ぶどう膜炎の原因は・・・①サルコイドーシス病 (15%)
             ②ベーチェット病   ( 7%)
             ③原田病       (14%) 
             ④原因不明      (50%以上)
★ぶどう膜炎の症状は・・・①眼球の充血
             ②眼痛
             ③光を見ると目が痛い
             ④目の前が白っぽく目が見えずらい(見えない)
★ぶどう膜炎の治療は・・・①点眼目薬(ステロイド系ホルモン剤)
             ②炎症がひどい時や緊急時は、直接眼球に注射(ステロイド系)
★ぶどう膜炎時の検査・・・①眼底・眼圧・視力
             ②蛍光眼底造影検査(血管造影剤使用時有)
             ③血液検査
             ④尿検査
             ⑤胸部レントゲン・CT撮影(血管造影剤使用時有)
★ぶどう膜炎治療後は・・・治療により治っても、再発性の可能性は高い。
             他の目の病気に発展する場合あり。
             炎症が治まっても、視力回復に時間がかかる場合あり。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ