みずほ

みずほ

(地理)
みずほ

新幹線列車の名称としての「みずほ」

新大阪〜鹿児島中央間を走る山陽新幹線・九州新幹線の直通列車の愛称。2011年運行開始。
同一区間を走る「さくら」に対し、速達列車に使用される愛称。定期列車は朝夕に運行される(他に臨時あり)。
山陽新幹線区間の指定席料金は「さくら」が「ひかり」「こだま」の料金なのに対し「みずほ」は「のぞみ」の料金となっている。
N700系S編成(JR西日本・7000番台)・R編成(JR九州・8000番台)が使用される。
停車駅:新大阪、新神戸、岡山、広島、小倉、博多、熊本、鹿児島中央
走行区間:新大阪〜鹿児島中央(JR西日本・JR九州)

寝台列車の名称としての「みずほ」

90年代前半まで東京〜熊本・長崎を結んだ寝台列車の名前。
寝台特急衰退により廃止されたが、「さくら」・「はやぶさ」などに比べ停車駅が少なかったのが特徴であった。
「さくら」と違い、熊本行きが「主」、長崎行きが「従」とされ、個室寝台などは熊本発着の編成に連結された。
どちらの編成も走行区間が「さくら」・「はやぶさ」と重なることが、早期の廃止に拍車をかけた。
走行区間:東京〜熊本・長崎(JR東日本・JR東海・JR西日本・JR九州)

みずほ

(一般)
みずほ

みずほフィナンシャルグループ(MHFG)の略称。
みずほフィナンシャルグループ

みずほ銀行(MHBK)、みずほコーポレート銀行(MHCB)、みずほ証券などを抱える金融持株会社。総資産額約150兆円、融資先企業数で邦銀トップ。

東証1部(主市場)、大証1部、証券コード8411。子会社のうち、みずほ信託銀行およびみずほインベスターズ証券は独自に上場。
http://quote.yahoo.co.jp/q?s=8411.t&d=3m

主要構成銀行として商業銀行部門のみずほ銀行(MHBK)、投資銀行・コーポレートファイナンス専門銀行であるみずほコーポレート銀行(MHCB)、信託銀行部門のみずほ信託銀行(MHTB)、投資銀行・証券部門のみずほ証券、投資銀行・証券部門のみずほインベスターズ証券、カード会社部門のUCカード、システム開発部門のみずほ情報総研(MHIR)、ファクタリング部門のみずほファクター、シンクタンク部門のみずほ総合研究所、投信顧問会社第一勧銀アセットマネジメント(DKAM)、同じく興銀第一ライフ・アセットマネジメント(DIAM)などがある。

ネットの話題: みずほ

人気

新着

新着ブログ: みずほ