みにくいアヒルの子の定理

みにくいアヒルの子の定理

(一般)
みにくいあひるのこのていり

任意のふたつの事物があるときに、類似点あるいは相違点を数え上げれば、必ず同じ数をあげることができるという渡辺慧が提唱した定理。

英語版のwikipediaにも記載されている。

It was proposed by Satoshi Watanabe in 1969[1].

Ugly duckling theorem - Wikipedia


■参照

結局、この定理から、類似点の数の多さでモノゴトを分類することはできないということがわかる。

サービス提供終了のお知らせ

新着ブログ: みにくいアヒルの子の定理