ゆびさきミルクティー

(マンガ)
ゆびさきみるくてぃー

概略

白泉社 ヤングアニマル誌において短期集中連載されていた、宮野ともちか氏による恋愛漫画
短期集中連載だったにも関わらず、ごく局所的に凄まじい人気を誇り、2003年の14号より本格連載が開始された。
ヤングアニマル誌 2010年の6号で連載終了。
コミック第七巻刊行後、2007年3月29日に発売が予定されていた続刊である第八巻が発売されない状態になっていたが、2009年10月29日に第八巻と第九巻が発売された。2010年7月29日に第十巻が発売され完結した。

主要登場人物

  • 主人公:池田由紀(いけだ・よしのり)
  • 隣に住んでる女の子森居左(もりい・ひだり)
  • 同じクラスの女の子黒川水面(くろかわ・みなも)

脇役とか

  • 主人公の姉池田未記(いけだ・みき)
  • バイト先(写真館)の店長
  • スタイリスト:朱美さん
  • 主人公の友達高槻亘(たかつき・わたる)
  • クラスで人気の女の子:芝りえ子
  • ひだりの友達加賀見栖(かがみ・すみか)
  • ひだりの母森居左智(もりい・さち)
  • バスケ少女乃木東子(のぎ・とうこ)

ストーリー

女装して写真を撮る趣味を持つ高校一年生・池田由紀は隣に住む女の子・ひだりと小さい頃からの仲のいい幼なじみ。可愛くて美しく成長していくひだりをお姫様のように大切にしているが恋愛感情は全くなく、代わりに仲間との会話からクラスで孤立している黒川水面が気になり仲良くなるため女装で近づく。次第に彼女に惹かれていく由紀。そんな変化に気づいたひだりは隠していた由紀への気持ちを無意識ながら現していく。表面から見えない軋みを抱え始めた三人の気持ち。由紀によって自分を変えた水面。好きという気持ちをはっきりさせたひだり。声変わりという男への成長と共に二人の気持ちを知った由紀の答えは…… 三者三様の成長と気持ちの変化に三人の関係は動き始める。


http://www.mangaoh.co.jp/topic/yubisaki_milktea.php より抜粋

タイトル&作者コメント一覧

短期集中連載

  • 1話:「苺ショートと隣の女の子」(28p)「はじめまして。ゼッタイ面白くするからね!」
  • 2話:「訪れた家庭教師」(24p)「こりん星ってどこ・・・?」
  • 3話:「チクチクジェラシー」(24p)「足の描写だけは・・・!」
  • 4話:「揺れる水面」(24p)「タイトルのぐるぐるが・・・気に入ってます。」初の描きおろしカラー
  • 5話:「指先の温度」(24p)「楽しんで描けました。次回(一応)最終回です。」
  • 6話:「ハートの色、ハートの形」(24p)「力をつけて戻ってきますよ。」

本格連載分

  • 7話: 「ミルクティーおかわり」(24p)「お久しぶりです。約束通り(?)戻ってきました。」
  • 8話: 「ユキ」(24p)「エアインテイクのついた髪型とか描いてみたいです。(ちょっと嘘)」
  • 9話:「2ハンド」(20p)「メロンパンうまいかも。」
  • 10話:「猫なで声」(20p)「何げに80年代ブーム?」
  • 11話:「二人だけ撮影会」(20p)「何で携帯持ってないと笑われるんだろ…?」
  • 12話:「笑えないjoke」(20p)「電車でアニマル読んでる人発見。しかもちょうど「さきミル」のページ」
  • 13話:「そっとあまいキス」(20p)「秋の新番組は「セーラームーン」実写版(!)に注目。」
  • 14話:「重ねた嘘」(20p)「漫画みたいなベッドの落ち方してしまいました。」
  • 15話:「大切なプレゼント」(20p)「赤いダッフルが基本です。」
  • 16話:「思い出の浜辺」(20p)「動物はまるで描けないのでありました。ふはははは、うわーん。」
  • 17話:「水面ナミダ」(20p)「やっぱりセーラー服にすればよかったかも。」
  • 18話:「痛いよう」(20p)「ノンアルコールビール飲んでます。」
  • 19話:「すり抜けた両手」(20p)「とりあえずPHS購入。あまり使わないけど。」
  • 20話:「SHOOTING STAR」(20p)「女子高生より速くメールを打ってやるー。」
  • 21話:「加賀見の魔法」(20p)「最近ぱんつ率下がっててまずーい。」
  • 22話:「オモチャ」(20p)「前回の加賀見のムネはちょっと大きすぎデシタ。」
  • 23話:「ひとりぼっちじゃいられない」(20p)「「宮野は男か女か?」ってやってるって本当?」
  • 24話:「誘惑パンケーキ」(20p)「近所に「みやの」寿司発見。これは行くしか。」
  • 25話:「男の顔」(20p)「今使ってるシャーペンが壊れそうでやばいです。」
  • 26話:「彼女の彼は彼女の彼女?」(20p)「ご迷惑おかけしました。何ていうか、その…がんばります。」
  • 27話:「色恋」(20p)「ドラマCD、水面の『もうやだぁ』にドッキドキ。」
  • 28話:「涙のメッセージカード」(20p)「半ケツ出した男が玄関前に寝て・・・?」
  • 29話:「ハニーボーイ」(20p)「妹が結婚しちゃいました。」
  • 30話:「腕の中の小鳥」(20p)「『ひだりと結婚したい』って言ったら、可哀相な目で見られました。」
  • 31話:「お父さんの恋人」(20p)「FAXが壊れました。」
  • 32話:「低温火傷」(20p)「久し振りに自炊してみました。肉じゃがとか。」
  • 33話:「25ans」(20p)「何でコンニャクって買うの恥ずかしいんだろ?」
  • 34話:「スカートの中身」(20p)「今年はいっぱい描きたいです。足を。」
  • 35話:「アゲハ蝶」(20p)「ぎゃおー。正月ボケが直りません。」
  • 36話:「あの子のシニヨン」(20p)「なんかコゲくさいと思ったら、隣が火事だった。」
  • 37話:「MOON」(20p)「ニュースぐらい見なきゃと思って、携帯テレビ購入。」
  • 38話:「ボクの大切なもの」(20p)「友達がまた一人結婚してしまいます。」
  • 39話:「君になれたら」(20p)「2500円の自慢のシャーペン使用中。」
  • 40話:「相合い傘」(20p)「実際にあったことを描くと『都合よすぎ』と言われるのは何故?」
  • 41話:「ワントップ」(20p)「くっ、マブでヤベェ。」
  • 42話:「お風呂でランデブー」(20p)「うぎゃー、ガンスリ載ってないよー。」
  • 43話:「夏服」(20p)「知ってるイタリア語『チャオ』『ブラボー』『フラテッロ』。」
  • 44話:「Lesson」(20p)「デジカメほしい。」
  • 45話:「ドッキドキ初デート」(20p)「山手線、恵比寿駅の発車のベルが面白いです。」
  • 46話:「苺ミルク」(21p)「今、物語の半分ぐらい。もう少しつきあって下さい。」
  • 47話:「クレイジーフォーミー」(20p)「『旋光の輪舞』にハマってます。」
  • 48話:「over(オーバー)」(20p)「使用キャラは『冥王星まで飛んでけー』のチャンポ。」
  • 49話:「プラマイゼロ」(20p)「カレー作るときに、にんじん入れるか悩んだり。」
  • 50話:「Changes」(21p)「昔はいてたGパンがはけないのが悲しー。」
  • 51話:「背中の羽」(20p)「男の人に香水もらったのが面白かったです。」
  • 52話:「ためいきバケーション」(18p)「今度腕時計ねだってみようかな…。」
  • 53話:「Love is blind」(20p)「自分じゃ高くて買えないけど、フランクのデザインはかわいくて好きでーす。」
  • 54話:「60min.(キスの時代)」(20p)「布団の恋しい季節になってきました。」
  • 55話:「ダディ リトルガール」(20p)「男が恋しい季節になってきました。」
  • 56話:「ふたりぼっちの夜」(21p)「打ち合わせにメイド喫茶を使うのはどうかと思いまーす。」
  • 57話:「BYE…」(20p)「昔の洋楽を聴いてます。」
  • 58話:「ためらうゆびさき」(20p)「年下ミュージシャンの楽曲は聴きません。嘘だけど。」
  • 59話:「不機嫌なスマイル」(20p)「トライセラの『Now I'm Here』がいい感じ。」
  • 60話:「8人目のジンクス」(20p)「自分で作るカレーは、にんじん抜き。」
  • 61話:「ラッキーな池田」(20p)「より多くの人に読んでもらえる努力をしてみるのが、ここ最近のテーマ。」
  • 62話:「姫」(20p)「売れる漫画ってどんなのだろ。ねぎマ?」
  • 63話:「10センチメンタル」(16p)「参考用にマガジン買ったら、亜桜君連載してるじゃん。」
  • 64話:「プリマドンナ」(20p)「本とCDが棚に入りません。」
  • 65話:「女装喫茶ゆびさきへようこそ」(16p)「次回から、亘編の完結編です。」
  • 66話:「ボーイフレンド」(21p)「休載多くてすみません。」
  • 67話:「regret」(20p)「作画のあまりの酷さに、編集長のお叱りをうけました。」
  • 68話:「ブレイクダウン」(20p)「男天国な展開、まだまだ続きます。」
  • 69話:「指先レモンティー」(20p)「男同士の友情の良さを感じてもらえたら幸いです。次は東子編。」
  • 70話:「心の楔」(20p)「入浴剤入りの風呂に入るのが楽しいです。」

番外編

  • 番外1:「妹は優等生」(16p)「この漫画、ウチの妹に見られたらどう言い訳すれば・・・?」
  • 番外2:「妹は優等生2〜眠りの姫〜」(16p)「妹に漫画描いてるのがバレました。」
  • 番外3:「妹は優等生3〜お兄ちゃんとナイショ〜」(16p)「水面って誰かに似てる気がするけど、思い出せない…。」

コミックス

白泉社 ジェッツコミックス

第一巻「[ISBN
4592134575:title]」:重版以後のものには(1)表記あり(初版には(1)表記無):ゆびさきミルクティー 1 (ジェッツコミックス)
  • 「肌色ソーダ水」(YA増刊嵐No.3 2000.11.7号 読み切り24P)
  • 「ナマイキなあまあし」(Arasi 嵐Vol.5 2002.1.20号 読み切り24P)
  • 「ゆびさきミルクティー」第1話-第6話(YA No.1〜No.6 2003.1.10〜3.28号)
第二巻「[ISBN
4592134583:title]」:ゆびさきミルクティー 2 (ジェッツコミックス)
  • 「reason」(Arasi 嵐Vol.1 2001.5.15号 読み切り24P)
  • 「ゆびさきミルクティー」第7話-第14話(YA No.14〜No.21 2003)
第三巻「[ISBN
4592134591:title]」:ゆびさきミルクティー 3 (ジェッツコミックス)
  • 「ゆびさきミルクティー」第15話-第23話(YA No.24 2003〜No.8 2004)
第四巻「[ISBN
4592143841:title]」:ゆびさきミルクティー 4 (ジェッツコミックス)
  • 「ゆびさきミルクティー」第24話-第32話
第五巻「[ISBN
459214385X:title]」:ゆびさきミルクティー 5 (ジェッツコミックス)
  • 「ゆびさきミルクティー」第33話-第40話(YA No.1 2005〜No.8 2005) 番外編(YAあいらんど No.1 2004)
第六巻「[ISBN
4592143868:title]」:ゆびさきミルクティー 6 (ジェッツコミックス)
  • 「ゆびさきミルクティー」第41話-第48話(YA No.9 2005〜No.18 2005) 番外編(YAあいらんど No.2 2005)
第七巻「[ISBN
4592143876:title]」:ゆびさきミルクティー 7 (ジェッツコミックス)
  • 「ゆびさきミルクティー」第49話-第56話 番外編(YAあいらんど No.3 2005)
第八巻「[ISBN
4592146484:title]」:
ゆびさきミルクティー 8 (ジェッツコミックス)

ゆびさきミルクティー 8 (ジェッツコミックス)

  • 「ゆびさきミルクティー」第57話-第65話
第九巻「[ISBN
4592146492:title]」:
ゆびさきミルクティー 9 (ジェッツコミックス)

ゆびさきミルクティー 9 (ジェッツコミックス)

  • 「ゆびさきミルクティー」第66話-第74話
第十巻「[ISBN
4592146506:title]」:
ゆびさきミルクティー 10 (ジェッツコミックス)

ゆびさきミルクティー 10 (ジェッツコミックス)

  • 「ゆびさきミルクティー」第75話-第83話(最終話)

ドラマCD

「[ASIN
B0002B5AJS:title]」:2004/7/23発売:ゆびさきミルクティー ドラマ

キャスト


リスト::漫画作品タイトル
関連語漫画コミック青年漫画

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ