よろめきドラマ

よろめきドラマ

(一般)
よろめきどらま

女性の不倫、浮気をモチーフにしたドラマ。
「よろめき」は1957年(昭和32年)のベストセラー2位となった三島由紀夫「美徳のよろめき」から生まれた流行語。小説は日活で映画化され、ラジオでは似たようなよろめきドラマが放送された。テレビでは1960年にフジテレビが「日々の背進」を昼に放送し、これが昼メロのはしりとなった。

新着ブログ: よろめきドラマ