アイスキュロス

(読書)
あいすきゅろす

Aischylos (紀元前525年〜紀元前456年)
古代ギリシアの三大悲劇詩人の一人。
アテナイの貴族の家柄に生まれる。ペルシア戦争時にはマラトンやサラミスに参戦して、その経験が作品に影響を与えているとされる。
生涯に90編の作品を書いたが、完全な形で現存するのは7編のみ。また、三部作が完全な形で残っているのはオレステア三部作「アガメムノン」「供養する女たち」「慈みの女神たち」のみである。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ