アウフヘーベン

アウフヘーベン

(一般)
あうふへーべん

アウフヘーベン([独]Aufheben)
日本語では「止揚」「揚棄」と訳される。
ヘーゲル弁証法における根本概念。
あるひとつの命題(テーゼ)と、それに反対・矛盾する反命題(アンチテーゼ)との二つの相反する命題を、互いに否定しつつも生かして統合し、より高次元の段階である総合命題(ジンテーゼ)を導くこと。

例)
「僕は【焼きそば】が食べたい」(テーゼ)
「私は【パン】が食べたい」(アンチテーゼ)
「それなら【焼きそばパン】を食べようよ」(ジンテーゼ)

ネットの話題: アウフヘーベン

人気

新着

新着ブログ: アウフヘーベン