アカカンガルー

(動植物)
あかかんがるー

学名:Macropus rufus
有袋目カンガルー科カンガルー属に属する世界最大の有袋動物。

メスは1度に1頭を出産するが、産まれたての子どもはサクランボよりも小さく、出産後すぐに母親の袋(育児嚢)の中にもぐり、通常2カ月間はその袋の中で成長する。8カ月になるまで、子カンガルーは「ジョーイ」と呼ばれる。母カンガルーの袋から出て、歩けるようになった後も、危険を感じるとその中に飛び込む。成長するにつれ、子どもの頭や足が育児嚢からはみ出すようになる。動物園では、牧草やニンジン、りんご、パンなどをあたえている。

特徴

食物
体長 オス130〜160cm、メス80〜110cm
体重 オス70kg、メス30kg
分布 オーストラリア
行動 夜行性
ひとこと 生まれたての子どもは、たった2cmで、1gぐらい


関連語 リスト::動物

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ