アクティブ連鎖

(ゲーム)
あくてぃぶれんさ

主に落ちゲー系のパズルゲームで用いられる連鎖テクニックのこと。パネル(ブロック)が消えるエフェクトが出ている間に、パネルを動かして次の連鎖を組むテクニック。


「パネルでポン」でのアクティブ連鎖が有名。


パネルが消えている最中に、別のパネルを動かして、次の連鎖の準備して起こす連鎖の事を「アクティブ連鎖」と言います。「パネルでポン」で連鎖といえば、この「アクティブ連鎖」の事と思ってもいいくらいに大事なテクニック。

通常連鎖で大きな連鎖を成功させようと思うと、時間がかかりすぎてしまい、ゲームオーバーになってしまいます。でもアクティブ連鎖の場合、連鎖を組むのではなくて、その場その場で素早く連鎖のパネルを発見、対処し、そろえるものなので、時間もかかりません。

アクティブ連鎖ができるかできないかが、「パネポン」を楽しめる人とそうでない人の分かれ目と言っても過言ではないと思われる。最近の作品では、上から落ちてくるパネルの下に横からパネルを割り込ませやすくなるなど、アクティブ連鎖が組みやすくはなってきている。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ