アサーション

アサーション

(一般)
あさーしょん

[英] assertion
アサーションとは、コミュニケーション能力の一つであり、”さわやかな自己表現”と訳される。
自分の伝えたいことを、相手と自分の感情を荒立てず穏やかに、しかしながら、しっかりと伝える方法。
1950年代にアメリカで、自己主張を苦手とする人を対象としたカウンセリング手法として生まれた。アサーションを習得することによって、相手に不快な思いをさせずに、自身の主張を行うことができる、とされている。
アサーションの理論では、コミュニケーションを以下3つタイプに大別できるとされている。

  • アクティブ(攻撃的)・・・自分を中心に考え、自身の考えを主張する
  • ノンアサーティブ(非主張的)・・・自身の意見を押し殺し、他に合わせる
  • アサーティブ・・・相手の主張を尊重しつつも、自身の主張を発する

アサーティブなコミュニケーションを取ることで、不快な思いをさせないだけでなく、主語を発信者にすることによって、受信者本人ではなく受信者の行動に対する感情を伝えることができる。そのため、受信者はそのメッセージを受け入れ易く、行動の変化を促すことができる。

アサーション

(コンピュータ)
あさーしょん

プログラミングでコード内の変数値などをチェックする機能。
言語によって違いはあるが、共通するのは、満たさなければならない条件を指定するという点である。例えば、自然数のみを扱う関数やメソッドがあったとき、引数として0や負の数が与えられた場合、それは関数やメソッドの使い方を誤っていると言える。
このような誤りをコード上に明記する手段である。
契約による設計の手段として、取り上げられることがある。

ネットの話題: アサーション

人気

新着

新着ブログ: アサーション