アジアシリーズ

アジアシリーズ

(スポーツ)
あじあしりーず

アジアシリーズは、アジア地域のプロ野球チーム王者による国際大会。
「アジア選手権」「アジア杯」「アジアカップ」とも。

歴史

野球の国際化を進め、アジア地域の交流・活性化が必要とされていた。
1995年11月、根本陸夫・王貞治の構想、中内功の後援により試験的に、
アジア・パシフィックスーパーベースボール」として福岡ドームで開催。*1
アジアシリーズ1995

2005年、本格的なアジアシリーズとして開催される。
日本・韓国・台湾そして中国プロ野球を含めた4カ国の優勝チームが集い行われる。

日本野球機構・韓国野球委員会中華職業棒球大聯盟中国棒球協会が共催。
優勝賞金は日本円で5000万円。
当面は日本開催で続け、将来的には参加国の持ち回りで行う予定だった。
2008年大会で赤字を計上したため、2009年と2010年は日韓クラブチャンピオンシップに変更された。
2011年は台湾開催で復活。オーストラリア野球連盟中華職業棒球大聯盟韓国野球委員会日本野球機構の代表4チームが参加。
2012年は韓国で開催。オーストラリア野球連盟中国棒球協会中華職業棒球大聯盟韓国野球委員会日本野球機構の代表6チームが参加(主催国の韓国から2チーム出場)。
2013年は台湾で開催。オーストラリア野球連盟ヨーロッパ野球連盟中華職業棒球大聯盟韓国野球委員会日本野球機構の代表6チームが参加(主催国の台湾から2チーム出場)。

概要

4チーム参加年

  • 1回戦総当たりのリーグ戦を行い、上位2チームによる決勝でアジア王者を決める。3,4位はリーグ戦の順位で決定。
  • 予選リーグは延長15回まで、7回10点差のコールドゲームあり。
  • 決勝戦は無制限延長。
  • 全試合DH制。

6チーム参加年

  • 3チームずつ2グループに分かれ、1回戦総当たりによるリーグ戦を行い、上位4チームによる決勝トーナメントによりアジア王者を決める。
  • 予選リーグは延長15回まで、7回10点差のコールドゲームあり。
  • 決勝戦は無制限延長。
  • 全試合DH制。

年度別開催

第1回は「KONAMI CUP アジアシリーズ2005」として、2005年11月10日〜13日に東京ドームで開催。
アジアシリーズ2005

第2回は「KONAMI CUP アジアシリーズ2006」として、2006年11月9日より開催。
アジアシリーズ2006

第3回は「KONAMI CUP アジアシリーズ2007」として、2007年11月8日より開催。
アジアシリーズ2007


歴代優勝チーム

年度 球団 国家 優勝回数 備考
1995年 統一ライオンズ 台湾 優勝 非公式試合
2005年 千葉ロッテマリーンズ 日本 初優勝  
2006年 北海道日本ハムファイターズ 日本 初優勝  
2007年 中日ドラゴンズ 日本 初優勝   
2008年 埼玉西武ライオンズ 日本 初優勝
2009年 読売ジャイアンツ 日本 --- 日韓クラブチャンピオンシップ
2010年 千葉ロッテマリーンズ 日本 --- 日韓クラブチャンピオンシップ
2011年 三星ライオンズ 韓国 初優勝
2012年 読売ジャイアンツ 日本 初優勝
2013年 キャンベラキャバルリー オーストラリア 初優勝

*1:当時は中国にプロ野球組織が無く、豪州代表が参加した。

ネットの話題: アジアシリーズ

人気

新着

新着ブログ: アジアシリーズ