Hatena Blog Tags

アストラル体

(一般)
あすとらるたい

Astral Body。神智学で言うところの7つの身体(あるいは4つの身体)のうちのひとつ。肉体、エーテル体の外にある3番目の身体で、感情や欲望などの深層意識を司る非感覚的な実体とされる。植物には感情がないためアストラル体はないが、動物にはあると言われる。

アストラル体は他の身体から離れて抜け出すことができ、幽体離脱や臨死体験はアストラル体が他の身体から抜け出るために起きる現象と言われる。夢を見るのも同様にアストラル体が肉体を離れるためであるとの解釈もある。アストラル体が肉体を離れるとき、両者は銀色の糸で結ばれているとのこと。

アストラル体の存在する世界はアストラル界と呼ばれる。これを霊界や幽界とする説もあれば、現実とほとんど同じに見える世界であるとする説もある。

星気体、感情体、第三身体とも言われる。幽体と混同されることも。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ

19世紀後半に米国で確立された秘教運動です。ロシア移民のヘレナ・ペトロフナ・ブラヴァツキーらによって設立され、ブラヴァツキーの著作やその他のさまざまな、主に秘教の文学からその教えを引き出しています。新宗教運動として、また西洋秘教のオカルト主義の流れの一部として、宗教学者によって分類されており、新プラトン主義などの古いヨーロッパの哲学と、ヒンドゥー教や仏教などのアジアの宗教の両方を利用しています。

神智学 に接続されています: 西洋秘教カルマ新時代 ウィキペディアから、無料の百科事典 神智学協会のロゴは、さまざまな古代のシンボルをまとめました。 神智学は、19世紀後半に米国で確立された秘教運動です。ロシア移民のヘレナ・ペトロフナ・ブラヴァツキーらによって設立され、ブラヴァツキーの著作やその他のさまざまな、主に秘教の文学からその教えを引き出しています。新宗教運動として、また西洋秘教のオカルト主義の流れの一部として、宗教学者によって分類されており、新プラトン主義などの古いヨーロッパの哲学と、ヒンドゥー教や仏教などのアジアの宗教の両方を利用しています。 ブラヴァツキーによって提示されたように、…