アスピリン

(サイエンス)
あすぴりん

1897年にドイツのバイエル社が発売した非ピリン系の解熱鎮痛薬。
薬品としての一般名はアセチルサリチル酸
もともと「アスピリン」という名前はバイエル社の商標であったが、第一次大戦終結時にドイツへの賠償の一貫として連合国側に接収され、自由に使用できる名前となった。
日本でもバファリンAなどの多くのOTCに使用されている(表示成分名はアセチルサリチル酸)。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ