アセンブリ言語

(コンピュータ)
あせんぶりげんご

【assembly language】
機械語を読みやすくするためにニーモニック表記を用いた低級言語。アセンブラ言語(Assembler Language)とも。
アセンブリ言語で書かれたソースコードはアセンブラによってオブジェクトコード(機械語)に翻訳する。
アセンブリ言語のコマンドは、基本的には機械語と一対一に対応しているが、MASMなどのマクロアセンブラでは、疑似命令やマクロにより、必ずしも一対一対応ではない。

現在では、"機械語でプログラムを書く"と言った場合、アセンブリ言語でプログラムを書くことを指すことがある。アセンブラを用いずに機械語に翻訳することをハンドアセンブルと言い、この場合は文字通り"機械語でプログラムを書く"ことになる。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ