アゼルバイジャン共和国

(地理)
あぜるばいじゃんきょうわこく

Republic of Azerbaijan (英)
アゼルバイジャン

人口:840万人(2006年、国連情報)
首都:バクー
面積:86,600平方km
主要言語:アゼルバイジャン語(チュルク語派)
主要宗教:イスラム教
平均寿命:63歳(男性)、70歳(女性)(国連情報)
通貨単位:1マナト=100ギャピック
主要輸出品:石油、石油製品

http://news.bbc.co.uk/1/hi/world/europe/country_profiles/1235976.stm#facts

カスピ海南岸の国。1991年のソ連の解体により独立したCIS諸国の一。

世界最古のバクー油田を擁する産油国。近年では新たにカスピ海の海底油田が注目を集めている。
もともとはペルシャ領だったが、1828年にロシア帝国の一部となった。1918年にロシア帝国崩壊に伴って独立するが、1920年にソ連軍の侵攻を受けてアゼルバイジャン・ソヴィエト社会主義共和国となった。

人口の9割はトルコ系のアゼルバイジャン人だが、ナゴルノカラバフ自治州ではアルメニア人が多数を占める。このため、隣国のアルメニアを巻き込んだ紛争が発生した。


リスト::国家

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ