アソーカ・タノ

(映画)
あそーかたの

Ahsoka Tano
「スター・ウォーズ/クローン・ウォーズ」で登場する、種族「トグルータ」身長1.61mのジェダイパダワン。
ジェダイ・マスター、プロ・クーンによって見出されたアソカ・タノーは、クローン大戦中にジェダイ聖堂で訓練を積んでいたトグルータのジェダイ・パダワンである。彼女はジェダイ・マスター・ヨーダによってアナキン・スカイウォーカーのもとに配属された。アナキンはヨーダからより大きな責任感を教えられたが、それは戦争によって余儀なくされたものでもあった。アソカは自分にアナキンのパダワンになるだけの価値があることを示したいと熱望し、彼のライトセイバー・テクニックや宇宙戦闘機の操縦能力を吸収していったのである。

厳格な教育法によって、アソカはアナキンの行動よりも書物から多くの知識を得るようになったが、ときにはアナキンの大胆な行動に勝るものはないということにもすぐに気づいた。アナキンの激しい衝動性とオビ=ワン・ケノービの落ち着いた慎重さのとの谷間で悩んだ彼女は、大きな決意を胸に抱くのだった。

ジェダイ評議会はアソカが自立することで、彼女のマスターが執着心からの脱却を学ぶことを願っていた。やがて2人はダーク・ジェダイ、アサージ・ヴェントレスと遭遇することになる。

Wacky Wobbler - Star Wars/The Clone Wars: Ahsoka

Wacky Wobbler - Star Wars/The Clone Wars: Ahsoka

[rakuten:amiami:10092343:detail]

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ