アドマイヤオーラ

アドマイヤオーラ

(スポーツ)
あどまいやおーら

(父)アドマイヤオーラ

生年月日 2004年2月19日生まれ・牡・鹿毛
生産者 ノーザンファーム(北海道早来)
アグネスタキオン
ビワハイジ
母の父 Caerleon(カーリアン)
馬主 近藤利一
管理調教師 松田博資(栗東)
競走成績 16戦4勝(うち海外1戦0勝)2010年9月引退
主な勝ち鞍 シンザン記念 弥生賞 京都記念
備考 半兄アドマイヤジャパン 半妹ブエナビスタジョワドヴィーヴル



アドマイヤオーラは栗東トレーニングセンター松田博資厩舎に所属した引退競走馬。

2006年・2007年(2歳・3歳シーズン)

2006年11月にデビュー。新馬勝ちを収めると2戦1勝で2歳シーズンを終え、明けて2007年のシンザン記念で重賞初制覇した。続く弥生賞も制すると皐月賞では1番人気に推されたがヴィクトリーの4着だった。続く日本ダービーは1週前に主戦の武豊騎手から岩田康誠騎手への乗り替わりが発表され話題に。結果は3着に終わりレース後に左前肢の膝の骨折が判明した。5ヵ月の休養後鳴尾記念にて復帰し3着。

2008年・2009年・2010年(4歳・5歳・6歳シーズン)

2008年は京都金杯を2着ののち京都記念に優勝し復帰後初勝利。続いてドバイデューティーフリーに海外遠征したが着外に終だった。帰国後の金鯱賞、宝塚記念共着外に終わりレース後の骨折のため休養に入った。2009年は京都金杯から復帰し着外、続いて京都記念は故障のため除外されこのシーズンも長期休養を余儀なくされた。2010年シーズンは金鯱賞から復帰し5着。福島テレビオープンを3着、小倉記念を故障のため除外、新潟記念では殿負けを喫し、2010年9月に引退が決まった。引退後は種牡馬なり、優駿スタリオンステーションで繋養される。

アドマイヤオーラの血統



アグネスタキオンサンデーサイレンス
*Sunday Silence
HaloHail to Reason
Cosmah
Wishing WellUnderstanding
Mountain Flower
アグネスフローラ*Royal SkiRaja Baba
Cox o'Nijinsky
アグネスレディー*Remand
イコマエイカン
ビワハイジCaerleonNijinskyNorthern Dancer
Flaming Page
ForesserRound Table
Regal Gleam
アグサン
*Aghsan
Lord GayleSir Gaylord
Sticky Case
Santa LucianaLuciano
Suleika

リスト::競走馬

新着ブログ: アドマイヤオーラ