アドルフ・ロース

アドルフ・ロース

(一般)
あどるふろーす

Adolf Loos(1870‐1933)ウィーンの建築家。。
オーストリア・ハンガリー帝国の一部であったモラビアに生まれ、晩年はパリに移る。
オットー・ワーグナーやアメリカの建築などからおおきな影響を受ける。
著作に『装飾と犯罪(ornament unt vernunft)』がある。
ヴィトゲンシュタインのストンボロウ邸はロースの影響が強いという。


主な作品に
1899年 カフェ・ムゼウム
1907年 ケルントナー・バー(アメリカン・バー)
1911年 ロースハウス
1922年 ルーファー邸
1926年 トリスタン・ツァラ邸
1930年 ミュラー邸
などがある。


マスメディアとしての近代建築―アドルフ・ロースとル・コルビュジエ

マスメディアとしての近代建築―アドルフ・ロースとル・コルビュジエ

新着ブログ: アドルフ・ロース