アラタカンガタリ

(アニメ)
あらたかんがたり
  • TVアニメ。2013年春放送スタート予定。

スタッフ

  • 原作:渡瀬悠宇

スタッフ

スタッフ

  • 日ノ原革:岡本信彦
  • アラタ:松岡禎丞
  • コトハ:高垣彩陽
  • カンナギ:小野友樹
  • 門脇将人:木村良平
  • アカチ:鈴木達央
  • カナテ:皆川純子
  • ヨルナミ:保志総一朗

アラタカンガタリ

(マンガ)
あらたかんがたり
  • 渡瀬悠宇のマンガ。「週刊少年サンデー」連載中。「アラタカンガタリ 〜革神語〜」
  • 2013年春TVアニメ化。

概要

人と共に八百万の神々が生きる神話の世界「天和国(アマワクニ)」。そこで劍神(ハヤガミ)を操る十二神鞘が起こした革命に巻き込まれたアラタは、秘女王殺しの罪を着せられ、逃げこんだ森で異世界(現代)へと飲み込まれる… 一方、現代の高校生・日ノ原 革は友達に裏切られ、絶望の中、異世界へと迷い込む。そこで革は“アラタ”としての運命を譲り受け、劍神「創世(ツクヨ)」の後継者となる。

 秘女王が絶命寸前となったために劍神の封印が解けた今、劍神の持ち主である鞘たちは、自らが大王(オオキミ)となるために闘いを繰り広げる。さらには十二神鞘の中でも謎とされる「六ノ鞘」が、秘女王の復活を阻止しようと動き出す。そんな中、鞘たちの闘いに巻き込まれて命を落とす人々を救うため、そして秘女王を救うため、革は「日輪ノ大王」となることを決意。「創世」の力で全ての劍神を束ね、闘いを終わらせるべく旅を続ける。

 現代と神話の世界が交錯する、異世界ファンタジー!!

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ