アルシデス・ギジャ

アルシデス・ギジャ

(スポーツ)
あるしですぎじゃ

アルシデス・エドガルド・ジッギア(Alcides Edgardo Ghiggia、1926年12月22日 - )
ウルグアイ出身のサッカー選手。ポジションはフォワード(右ウイング)。
1950年のブラジルW杯で事実上の決勝戦となった、第2次ラウンド最終戦のウルグアイ対ブラジル戦にて、右ウイングのギジャは後半34分に決勝点となる2点目を挙げ、ウルグアイを2度目のワールドカップ優勝に導いた。

新着ブログ: アルシデス・ギジャ