アル・クーパー

(音楽)
あるくーぱー

Al Kooper
1944年米国ニューヨーク生まれ。キーボード奏者・シンガー。
ボブ・ディランのキーボード奏者としても活躍し、特に「ライク・ア・ローリング・ストーン」でのオルガン・プレイは有名。
67年にブラッド・スウェット&ティアーズを結成するが、翌68年には脱退。
69年からソロ活動を始め、『赤心の歌』『早すぎた自叙伝』『孤独な世界』『紐育市(お前は女さ)』などの名作を発表。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ