アレックス・ラミレス

(スポーツ)
あれっくすらみれす

[西] Alexander Ramon Ramirez
日本のプロ野球選手・指導者。現・横浜DeNAベイスターズ監督。右投右打、ポジションは外野手。愛称は「ラミちゃん」。
ひょうきんな性格でファンからの人気も高い。
息子はラミレス・ジュニア

略歴

  • 1974年10月3日生まれ。ベネズエラ・ボリバル共和国出身。180cm86kg。
  • サンアントニオ・デ・パウラ高から1991年、ドラフト外でクリーブランド・インディアンズに入団。
  • 2000年、ピッツバーグ・パイレーツに移籍。同年、メジャー昇格。
  • 2001年、ヤクルトスワローズ(現・東京ヤクルトスワローズ)に入団。ロベルト・ペタジーニと共に打撃陣を牽引、日本一に貢献した。
  • 2003年、4番打者・左翼手として定着、本塁打王・打点王の2冠を獲得。
  • 2006年、グレッグ・ラロッカ、アダム・リグスと共にF-ブラザーズの一員として活躍。
  • 2007年10月4日、対横浜ベイスターズ21回戦において、外国人選手・右打者としては史上初のシーズン200本安打を達成。
  • 2008年、読売ジャイアンツに移籍。4番として活躍しセ・リーグのMVPを獲得。
  • 2009年、初の首位打者を獲得。4番として全試合に出場し、チームの3連覇に貢献。
  • 2012年、横浜DeNAベイスターズに入団。
  • 2013年4月6日、対ヤクルトスワローズ2回戦において、日本人選手以外では史上初となる、日本での通算2000本安打を達成した。1,695試合での到達は、川上哲治の1,646試合に次ぐ2番目のスピード達成。
  • 2013年シーズンをもって退団。
  • 2014年、プロ野球BCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスへの入団*1を発表。背番号はヤクルト・DeNA時代と同じ「3」。
  • 2014年10月14日、2014年シーズン限りで現役を引退することを発表した。
  • 2016年、横浜DeNAベイスターズの監督に就任。

パフォーマンス

本塁打を打った後、ベンチ脇のTVカメラの前でパフォーマンスをすることで知られる。
パフォーマンスは、加藤茶の「カトちゃんペッ」をもじった「ラミちゃんペッ」、続いて志村けんの「アイーン」、最後にダンディ坂野の「ゲッツ」で締めくくり、ベンチに戻る。
2006年は大木こだまの「チッチキチー」を新しいパフォーマンスとして採用。

選手歴

所属チーム 背番号
1991-1999 クリーブランド・インディアンズ -
2000-2000 ピッツバーグ・パイレーツ -
2001-2007 ヤクルトスワローズ 3
2008-2011 読売ジャイアンツ 5
2012-2013 横浜DeNAベイスターズ 3
2014 群馬ダイヤモンドペガサス 3


リスト::野球選手

*1:選手としての月給は40万円で、支払期間はシーズン中の4-9月の6カ月間

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

関連ブログ