アロー号事件

(社会)
あろーごうじけん

1857年から1860年にかけて清とイギリス・フランス連合軍との間で起こった戦争の名称。


最終的に北京条約で終結し、清の半植民地化が決定的なものとなった。きっかけとなった事件から、単にアロー号事件や、阿片戦争に続くという形で第二次アヘン戦争(英:Second Opium War)とも呼ぶ。

このタグの解説についてこの解説文は、すでに終了したサービス「はてなキーワード」内で有志のユーザーが作成・編集した内容に基づいています。その正確性や網羅性をはてなが保証するものではありません。問題のある記述を発見した場合には、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

ネットで話題

もっと見る

関連ブログ